夢をあきらめずに

沖縄暮らしの記録

アメリカが飛ぶ

辺野古 7/7

 

f:id:yamasa-kick:20170709075053j:image

朝陽が水面で煌めいている海へ

仲間と漕ぎだしていく

 

f:id:yamasa-kick:20170709075949j:image

行った先では人間のエゴイズムが

具現化されている

 

f:id:yamasa-kick:20170709080304j:image

あそこに積み上げられ踏みつけられる石粒は

子どもたち一人ひとりの未来に違いない

誰かが言った

この道は戦争へと続いていると

 

f:id:yamasa-kick:20170709081156j:image

f:id:yamasa-kick:20170709081905j:image

f:id:yamasa-kick:20170709081924j:image

f:id:yamasa-kick:20170709081942j:image

f:id:yamasa-kick:20170709082009j:image

f:id:yamasa-kick:20170709082023j:image


仮設道路建設への抗議行動 オスプレイが飛来

 

真夏の蒼空の下

違法な工事に抗議する一握りの私たち

私たちを遮るのは国家権力に操られた若者たち

対峙する私たちの頭の上をアメリカが飛ぶ

誰が支配しているのかを思い知らせるように

 

 

f:id:yamasa-kick:20170709085938j:plain

f:id:yamasa-kick:20170709090041j:plain

 (ゲートからミキサー車が入ったようなので、辺野古崎のテトラポット制作現場へ。ミキサー車から生コンをクレーンで吊った杯型の容器に受けて、テトラの型枠へ流し込む作業の様子が見られた。一台のミキサー車から生コンを抜き取るには数十分間かかるようだ。)

 

f:id:yamasa-kick:20170709085702j:plain

(連日、赤白鉄塔で何かの作業が行われている。仮設道路建設との関連は今のところ不明だ。)

 

f:id:yamasa-kick:20170709090751j:plain

f:id:yamasa-kick:20170709090849j:plain

(捨て石のスロープに黒いシートを敷き始めた。シートの上に細かい土砂を盛っていく。)

f:id:yamasa-kick:20170709091040j:plain

f:id:yamasa-kick:20170709091139j:plain

(土砂をクレーンで踏み固め、その上に鉄板を敷いた。この場所で使うクレーン車はキャタピラではなく、タイヤで駆動するタイプ。前日にK9護岸でトレーラーのタイヤがパンクしたようなことが起きないように、対策されたのだろう。)

 

f:id:yamasa-kick:20170709091344j:plain

f:id:yamasa-kick:20170709091441j:plain

(早速クレーン車が現れた。スロープの向かって左に積んであった袋材を持ち上げ、右側の法面に置いた。効率の良い作業が行われているとは到底思えない。)

 

f:id:yamasa-kick:20170709091554j:plain

(右側、つまり東の辺野古崎方向を袋材で覆ってしまった。これでは捨て石を積めないので、仮設道路がまず伸ばされる方向は東ではなく、西のK1護岸の方向のようだ。)