夢をあきらめずに

沖縄暮らしの記録

ジタバタ

辺野古 6/24

実質的な埋め立て工事となるK9護岸工事が始まって2ヶ月。
今日は護岸工事強行へ抗議するため海上パレードが午前中に行われた。
瀬嵩浜で行われた集会にはたくさんの人が駆けつけてくれ、カヌーや船団とエール交換し連帯を深めた。

 

f:id:yamasa-kick:20170625011152j:plain

f:id:yamasa-kick:20170625011219j:plain

 


それはとても嬉しいことだったが、そうやって集会を行っている間にも捨て石がどんどん海に投下されているという情報が入っていたので、気分は晴れなかった。

集会後、カヌーが一列に並んでK9護岸まで漕いで進んだ。工事の様子が次第に見えてくる。
数十センチある大きな石がクレーンで吊られて落とされる。
粉塵が舞い上がる。

 

f:id:yamasa-kick:20170625011340j:plain


水しぶきを上げて石が海に転がりこみ、大きな岩の山が海中につくられていく。
海上パレードが呼びかけられていたのでカヌーは20艇をこえていた。
全艇がたどり着くのをもどかしい気持ちで待って、フロートを越えた。
ほとんどのカヌーが呆気なく捕まってしまった。
午後ももう一度トライするが、全く届かない。
海保にカヌーを確保され、飛び込んで泳いでもすぐに確保され、それでもジタバタ護岸の方を目指す。

 


届かない


今週は前半は悪天候でカヌーが出せず、22日にやっとカヌーに乗れたが上手くいかず、今日は人数が多かったので期待をしたが結局届かず、たったの一秒も作業を止めることが出来なかった。
塩水も多少飲んで、もがき疲れてGBに乗せられると心身ともにガックリくる。
止めたい。止めたい。
人数が多くても、みんなで同じイメージを共有して動かないとダメだ。
また月曜から仕切り直しだ。