夢をあきらめずに

沖縄暮らしの記録

立ち止まれば見えてくる

f:id:yamasa-kick:20200701222531j:plain

f:id:yamasa-kick:20200701222644j:plain

大浦湾に入ってくるガット船。

昨日は辺野古へ行ったが、強い南風でカヌーを出すことはできなかった。

抗議船に乗って辺野古〜大浦湾を監視。

ガット船が3隻大浦湾に入った。

6/12の工事再開以来、平均して毎日34隻のガット船が大浦湾へ埋め立て土砂を積み込んで入っているが、それでも天候不良などで搬出量が少なくなることもあり、一日に必要な土砂量にギリギリの状態がしばしば起きている。

この日、安和桟橋は琉球セメント本来の業務に必要な石炭の積み下ろし作業に使われていて、土砂搬出はできなかった。また、塩川港も強風のため搬出作業を断念したとのことだった。

f:id:yamasa-kick:20200701222817j:plain

何隻もの船で、ジュゴンの鳴き声調査をしていると思われた。

f:id:yamasa-kick:20200701223724j:plain

K4護岸の東端付近では型枠を組んで何か大きなものを作っている様子が見られた。

f:id:yamasa-kick:20200701224150j:plain

同様の作業はK2語岸とK3護岸の継ぎ目辺りでも行われていた。

 

f:id:yamasa-kick:20200701224441j:plain

安和桟橋で石炭の陸揚げをするOCEAN SYMPHONY 。

 

今朝も安和桟橋はまだ石炭船が作業中だった。

また、昨日は積み込みが無かったので、大浦湾に土砂を供給する運搬船は入らない。

(実際には、昨日以前に土砂を積み込んでいた美鍛丸の一隻だけは入ったようだ)

今日中に大浦湾は土砂切れ状態になることが予想されたので、辺野古には行かずに塩川港へ向かった。

明日、大浦湾へ入る土砂量を少しでも減らせば、土砂不足状態を長引かせることができるからだ。

塩川港へ着いてみると、今日も強風で作業は行われていなかった。

f:id:yamasa-kick:20200701230229j:plain

塩川港は強風のため辺野古行き土砂積み込み作業は無く、人影も見られなかった。

そうなると、今日も土砂の搬出は安和で石炭船の作業が終わるまで行えず、十分な量にはならないだろう。

安和では船での搬出はできないが、桟橋根元の琉球セメント構内に採石場からダンプで運んだ土砂を山積みしてストックする作業が行われていた。ストックが有れば、琉球セメント構内での移動だけで、桟橋のベルトコンベアに土砂が供給できるので効率がいい。土砂搬出を遅らせたいと願う側にとっては、このストックはなるだけ少なくさせたいのだ。

構内からのダンプの出口では、3,4人の抗議者が出口前の歩道を牛歩することで、ダンプの通行を遅らせていた。たった数人だが繰り返すことでじわじわと効果が現れて、構内に出待ちダンプの渋滞が起こっていた。

このような抗議者の知恵を絞った様々な行動の積み重ねで、何もしない時と比べて3割前後のダンプ通行量を減らせるそうだ。

f:id:yamasa-kick:20200701230724j:plain

f:id:yamasa-kick:20200701230802j:plain

山積みになった土砂ストック

f:id:yamasa-kick:20200701230918j:plain

琉球セメント構内へのダンプ入り口でも抗議行動が取り組まれている

これからの季節に炎天下で立ちっぱなしの長時間行動は体力的にかなりハードだ。参加者が多くなれば交代で休憩をとることもできる。少しの時間でも参加を呼びかけたい。

 

ダンプを待たせてゆっくり歩いていると、しまいには機動隊が「立ち止まらないでください」と背中を押して強制的に排除してくる。

しかし、辺野古新基地建設を全体として見るならば、「立ち止まる」ことこそが今必要なのだ。

先日、米議会では辺野古新基地建設計画に多くの懸念が示され、軟弱地盤や活断層の危険性、ジュゴンや珊瑚などを保護する環境面の問題など、立ち止まって計画をしっかりと見直すことが求められた。

これはアメリカの議会任せではなく、本来は日本全国からの声で日本政府に強く求めていくべきなのだ。

何故なら、この破綻が目に見えた基地建設が強行されることで私たちが失うものは、米国が被る不利益とは比べものにならないほど大きいからだ。

f:id:yamasa-kick:20200701231113j:plain

琉球セメント構内の様子。

#全国から辺野古基地建設を止めよう