夢をあきらめずに

沖縄暮らしの記録

On My Way To See You

辺野古 10/6

 

三箇所で並行して作業が進められている。

 

ドクロ前は仮設道路がほぼ完成したようだ。近いうちにK1護岸工事が始まるだろう。

f:id:yamasa-kick:20171006221427j:image

f:id:yamasa-kick:20171006221605j:image

 f:id:yamasa-kick:20171006221659j:image

 f:id:yamasa-kick:20171006221829j:image

 f:id:yamasa-kick:20171006221735j:image

 f:id:yamasa-kick:20171006221941j:image

(仮設道路の先端部に続いてK1護岸工事はこの前方部分から海へと伸びてくると思われる) 

 

長く作業を中断していた赤白鉄塔前は、袋小路になっていたガードレールの先端部を外して、道路を伸ばしていく作業が再開される。

f:id:yamasa-kick:20171006222417j:image

 f:id:yamasa-kick:20171006222518j:image

 

シアター前は仮設道路工事を行っていた業者とは別の業者が根固め袋材の設置を始めている。これは仮設道路の作業はおわり、中仕切り護岸N5の工事が始まったことを意味するに違いない。

 f:id:yamasa-kick:20171006222610j:image

f:id:yamasa-kick:20171006222646j:image

 

カヌーチームは少ない人数で3つのポイントに対応しなければならない。

だから、もう手も足も出ないかというとそうではない。

ポイントが多くなったことで、警備の対応にも隙が出来ることがある。

少ないチャンスを逃さなければ工事を少しでも遅らせることは可能だ。

今日も袋材のすぐ近くまで数名が到達し、何分かクレーンの作業をストップさせる事が出来た。

粘り強く監視して状況を見極め、チャンスを見つけたら大胆に行動する。

周りの仲間との阿吽の呼吸によるチームワークも重要だ。

短い時間の積み重ねが大きな結果を導くと信じて続けていこう。

f:id:yamasa-kick:20171006223644j:plain

 

 

明日の早朝のフライトでしばらく僕は東京へ行く。

前から計画していたことなので、護岸工事の始まるタイミングと重なってしまったが、気分を切り替えて旅を楽しんできたい。

またリフレッシュして、新たな気持ちで戻ってくるつもりだ。

 

今夜は那覇のドミトリーでこんな曲を聴きながら早めに眠ってしまおう。


Norah Jones ♦ The Nearness Of You