夢をあきらめずに

沖縄暮らしの記録

何でも有りの世界

辺野古 7/20

 

昨日に続いて、赤ドクロ前の道路から浜への砕石投下が行われた。

午前と午後の2回で、合計するとダンプ20台程の砕石だ。

 f:id:yamasa-kick:20170721003131j:image

f:id:yamasa-kick:20170721003150j:image

f:id:yamasa-kick:20170721003227j:image

f:id:yamasa-kick:20170721003252j:image

f:id:yamasa-kick:20170721003322j:image

f:id:yamasa-kick:20170721003403j:image

(赤ドクロの左上には視察に来た数名が。米軍らしき人影も見える)

 

f:id:yamasa-kick:20170721003511j:image

 


赤ドクロ横の砕石投下

 

 お昼前には辺野古崎のテトラポット制作現場付近で監視。

この付近も護岸や仮設道路の建設がいつ始まってもおかしくない。ここのところは浜での測量や草刈りなど下準備と思える作業が行われているので、定期的な監視が必要だ。

f:id:yamasa-kick:20170721004110j:image

f:id:yamasa-kick:20170721004214j:image

f:id:yamasa-kick:20170721004230j:image

 

軍警が民間の警備員であるマリンセキュリティのゴムボートを呼び寄せた。十数分何か交渉をしている様子。後からもう一人防衛局職員らしき者も加わって話し込み、そのうちに軍警と防衛局職員も一緒にゴムボートに乗って沖へ出てきた。

浜へ近づいて挑発をするなという、彼なりの状況解釈で最後通告をしに来たのだが、通常こういうことはあり得ない。軍警は基地の中での警備が仕事であって、基地を一歩でも出たら何の権限も持たない。明らかな越権行為だ。民間のボートに乗ることの正当性も疑わしい。

f:id:yamasa-kick:20170721005439j:image

f:id:yamasa-kick:20170721005456j:image

 

日曜日に設置された大型オイルフェンスについても問題が見つかった。

f:id:yamasa-kick:20170721010746j:image

干潮時に水深が浅くなると、オイルフェンスの下部に重りとして取り付けられているチェーンが海底に届いてしまう。

f:id:yamasa-kick:20170721010820j:image

これでは波でオイルフェンスが揺れる度にチェーンで海底がゴリゴリ削られる。その事に気づいてオイルフェンス周りを見ると千切れた海草がそこら中に浮いている。チェーンによって引きちぎられた可能性が高い。必要のないチェーン付きのオイルフェンスを使ったために、環境を壊す結果を招いている。

防衛局の無計画なやり方が、また新たな問題を引き起こした。

 

こういったことひとつひとつ、不正や問題点を検証し、抗議するべきところは厳しく抗議して、是正を求めていく。

何でも有りの世界にさせてはいけない。

 

f:id:yamasa-kick:20170721011100j:image