夢をあきらめずに

沖縄暮らしの記録

絶望から始めること

辺野古 2/13

カヌー11艇(午後は9艇)、抗議船2隻でK2護岸工事現場へ。

f:id:yamasa-kick:20180216145157j:image


オイルフェンスの内側では高速の海保ゴムボート13艇(フェンスの外側には2艇)が待ち構える。
一対一でカヌーにゴムボートがマークについても、ゴムボートの数が余る状態。

 

f:id:yamasa-kick:20180216145127j:image


オイルフェンスを越えて作業現場へ近づくことは非常に難しい。
カヌーが20艇いれば少しは隙をつけるが、ゴムボートより少なくてはかなり厳しい状態。

f:id:yamasa-kick:20180216145231j:image

f:id:yamasa-kick:20180216145259j:image
しかも、辺野古イノーから大浦湾まで、大きくオイルフェンスとフロートで囲われている。
埋め立て予定地が丸々すっぽり囲まれてしまった格好だ。

f:id:yamasa-kick:20180216145333j:image

 

 名護市長選から一週間が経って、状況は変わりつつある。
稲嶺さんが市長権限で歯止めをかけていたのは、主に3つのポイントが有った。
辺野古ダム湖面の使用許可」
「美謝川の切替え」
辺野古漁港の占有許可」
自公政権が送り込んだ新市長はこれらを今後、タイミングを見て許可し、基地建設を加速させていくだろう。

 

f:id:yamasa-kick:20180216145009j:image


既に辺野古ダム周辺では工事に向けて測量が始まっているとの情報もある。
また、現在カヌーが海へ出ていく拠点となっている松田ぬ浜(バナーの張られているフェンスの浜)は、新市長が辺野古漁港の占有を許可してしまえば、工事の作業ヤードとして埋め立てられてしまう。
浜のテントについても同様に撤去を迫られるだろう。

そうなれば、海上行動自体の継続も厳しい状況に追い込まれる。

だから、国は稲嶺名護市長を全力をあげておとしにかかったのだ。

 

名護市長選後に僕は大きな絶望を味わった。
それは選挙結果にではない。
僕も沖縄に移り住んで何度か選挙に関わったが、今までの沖縄の選挙には本土の絶望的な選挙とは明らかに違う空気が有った。
地域の人々が、自主的に動いて候補者を盛り立てていく。
候補者はしっかりと市民を見て、その民意を受け止める。
僕は本土では見ない生きた民主主義がここ沖縄には有ると感じていた。
しかし、今回の名護市長選では、国が地方自治を踏みにじるように、人と金と汚いノウハウを持ち込み、市長の椅子を力ずくで奪った。
僕はこの国の恥も外聞ない横暴なやり方に、絶望したのだ。


選挙結果を名護市民は基地建設を苦渋の選択で容認したと受け止める人々もいるようだが、それを言うなら、名護市をこのように踏みつける政権を結果として選挙で選び、辺野古新地建設を容認しているのは全国の市民だと受け止めなければならない。
このことについての本土の人々の無自覚は絶望的な状況だ。

 

海の状況も、この国の政治的状況も、絶望的な状況だ。
僕はこのブログには、できるだけ前向きなことを書こうと思っている。
だから、今この絶望的な状況をはっきり書いておこうと思う。
果たして、この絶望的状況をこの国に住む人々のいったいどれだけの人が正面から受け止めているのだろう?

 

f:id:yamasa-kick:20180216145616j:image

f:id:yamasa-kick:20180216145738j:image


僕たちはまずこの絶望をしっかり受け止めなければならない。
そこから目をそらさず、絶望から始めること。
それが今この危機から脱するための、一番前向きな態度だと思うのだ。
そこからしか何も始まらない。

音楽を一緒に♪ 〜ハナレグミ「ありふれた言葉」


ありふれた言葉 - ハナレグミ

 

 

あっという間に一日が通り過ぎていく

朝は早いし

仕事に行かなくちゃだし

壊されていく海も気になるし

カヌーで抗議に行きたいし

負けられない選挙もあるし

仲間を増やしたいし

仲間を守りたいし

読みたい本は山積みだし

取りこんだ洗濯物も山積みだし

使った食器も山積みだし

たまにはギターも弾きたいし

ゆっくり絵も描きたいし

あの子に手紙も書きたいし

あの子の声も聞きたいし

メールの返事を書かなきゃだし

ごはんも自分で作りたいし

ブログもそろそろ書かないとだし

何か木で作りたいし

思ったことをいつか書きたいし

この先のことも考えないとだし

明日の準備もしないとだし

疲れていつの間にか眠っちゃうし

そうこうしてる間に1月も終わりだし

 

毎日毎日やりたいことの10パーセントもできないで

凹んでばかりの日々ですが

どうにかこうにかそれなりにやってます

 

名護はそろそろさくらの季節です

まだまださむいんだけどね

 

f:id:yamasa-kick:20180127012730j:plain

 

 

誰もいない海

辺野古 1/25,26

辺野古では厳しい海上行動が続いている。
その日に集まった10数艇のカヌーをオイルフェンス越しに、それを上回る数の海保ゴムボートが待ち受けている。

f:id:yamasa-kick:20180128175744j:plain

つまり、マンツーマンで各カヌーにはぴったりゴムボートのマークがついていて、オイルフェンスを越えて上手く目の前のゴムボートを交わしたとしても、余ったゴムボートが行く手に先回りして待っている。
さらにその奥には別のオイルフェンスが張られ、護岸の上では数名の海上保安官が待機をしている。
護岸で待つ海保は出番がほとんどなく、緊張感も緩みぼんやりしているように見える。
それほど隙のない、彼らとしては余裕綽々の警備体制だ。

重いカヌーをオイルフェンスに引っぱり上げていては間に合わないので、隙をみてカヌーから海中へと飛び込むこともある。
沖縄の冬は過ごしやすいとはいえ、海水で濡れた身体でゴムボートに乗せられると、風の強い日や曇り空の日には震えが止まらなくなる。

f:id:yamasa-kick:20180128134118j:image 

f:id:yamasa-kick:20180128134146j:image

f:id:yamasa-kick:20180128134211j:image

f:id:yamasa-kick:20180128134236j:image

 

辺野古側の海で護岸工事が始まったのは昨年の11/6だ。
ドクロ前のK1護岸と、シアター前のN5中仕切り護岸のふたつの工事が並行して進められ、この二ヶ月半でK1護岸(216m)とN5中仕切り護岸(278m)は残念ながら作られてしてしまった。
現在はK1護岸から角度を変えてK2護岸(222m)、N5中仕切り護岸の先端からT字に左右に伸ばす様にk4護岸(1029m)、このふたつの工事が始まっている。

石材を大浦湾へ持ち込む運搬船も、週に何度もやって来るようになった。

権限を行使して基地建設計画に抵抗する名護市長と沖縄県知事選の首をすげかえようと、市長選、知事選に向けて、工事が後戻り出来ない程に進んでしまったという諦めムードを県民の間に作り上げるために、国は目に見える既成事実を次々に積み上げている。

だが、先行きには未解決の問題がいくつも有り、基地建設計画自体の目処が立っているとはとても言い難い。

また、工事を加速させ税金をどんどんそこにつぎ込むことは工事利権のバブルをうみ出し、工事が進めば景気が良くなるという錯覚を植えつける。

しかし、そのアメ玉と引き換えには、戦争という鞭が待っていることを忘れてはならない。

 

f:id:yamasa-kick:20180128180212j:plain

オイルフェンスを隔てて会話している時に海保が
「私は中立ですから。基地建設賛成でも反対でもない。中立です」
と言った。
今、目の前で命が殺されていくのに、中立なんてあり得ない。
「止めろ!」と言わなければ、賛成だろうが中立だろうが、同じこと。
反対しなければ、容認したと見なされる。
海の生き物が殺され、子どもたちの平穏な未来が壊されていくことを、“止める”か“見過ごす”か、この二択しかあり得ない。

職務中には海上保安庁職員としての立場もあるのだろうが、職場を離れ一個人の人間として生きる時間には、中立という言葉は使わないでもらいたい。
中立というのは、冷静で公正な立場に思えるかもしれないが、かけがえのないものが目の前で壊されようとする今、中立は最も無責任で大人として恥ずかしい立場だ。

想いを行動に変えて、表現しなければならない。
それはそれぞれの人の置かれた立場や能力や様々な事情で、いろんなカタチがあっていい。
しかし、「止めろ!」という想いを表さなければ、止まることはない。
これは沖縄で起こっている問題だが、「沖縄問題」ではない。
「命を守る」かどうかの問題だ。

どんなに状況が厳しくても、それでも僕らは海に出る。
今壊されているものは、お金では到底売り渡せないものだ。
「止めろ!」と行動で示さなければ、それを容認したことになるのだから。

声をあげる人が誰もいない海にはしない。

 

想いを行動につなげて欲しい。

 

 

f:id:yamasa-kick:20180128134310j:image

f:id:yamasa-kick:20180128134340j:image

f:id:yamasa-kick:20180128133955j:image

f:id:yamasa-kick:20180128134058j:image

f:id:yamasa-kick:20180128134515j:image

f:id:yamasa-kick:20180128134558j:image

f:id:yamasa-kick:20180128134618j:image

f:id:yamasa-kick:20180128134647j:image

 

後戻りのできない道

f:id:yamasa-kick:20180107210031j:image

辺野古 1/6

 

2018年の僕のカヌー始め。

今日はドクロ前K1護岸の工事は行われておらず、シアター前のN5中仕切り護岸にカヌー11艇と抗議船3隻で挑む。

f:id:yamasa-kick:20180107210938j:image

海保のGBはカヌーの数より多く、オイルフェンスの囲いの内側を自在に動き回り僕らの行く手を阻む。

f:id:yamasa-kick:20180107210124j:image

f:id:yamasa-kick:20180107210604j:image

各GBには3〜6名の海上保安官が乗船し、浜や護岸の上でも十数名の海上保安官が待ち構えている。

f:id:yamasa-kick:20180107210345j:image

f:id:yamasa-kick:20180107210512j:image

f:id:yamasa-kick:20180107210652j:image

抗議船のクルーを合わせてもたった16人の抗議者に対して、トータル60〜70くらいの海上保安官を投入しての警備態勢。

f:id:yamasa-kick:20180107210251j:image

f:id:yamasa-kick:20180107210752j:image

f:id:yamasa-kick:20180107210821j:image

f:id:yamasa-kick:20180107210842j:image

装備面を比較してもエンジンをふたつ搭載した高速ゴムボートと手漕ぎの小さなカヌーでは、力の差は歴然としている。

更に彼らは国家権力を与えられている。

彼らが暴力的な排除でケガ人を出そうが、抗議船を破損させるような手荒い制圧をやろうが、ほとんどは不問にされてしまう。

僕らは非暴力での抗議行動を共通の理念としているが、身を守ろうと構えた手足が誤って海保の身体に当たったとしても、公務執行妨害に問われる可能性は十分あり得る。

f:id:yamasa-kick:20180107211404j:image 

 

この力の不均衡な状態で小さなチャンスを探して動き回り、隙をついてオイルフェンスを越える。

運良く数メートル進めたとしても、その先には更にオイルフェンス二つの壁が護岸から僕らを遮っている。

f:id:yamasa-kick:20180107205823j:image

(護岸は3重オイルフェンスで囲われている)

 

カヌーがGBから飛び込んだ海保に取り押さえられても、僕らはカヌーから飛び込んで泳いで、少しでも現場に近づこうとしてきた。

乗り手と離れたカヌーは当然波に流されていくことになるが、昨年末より海保は突如「オイルフェンス内でカヌーから飛び込んだために乗り手のいなくなったカヌーは放棄されたものと見なし、回収しない」という嫌がらせを始めた。

たとえ2,3メートルという目の前にカヌーが漂っていて、僕らがカヌーを放棄したのではないと、その所有権を主張して回収を強く求めても、彼らは僕らの身体を拘束しカヌーから遠く引き離す。

f:id:yamasa-kick:20180107211035j:image

オイルフェンス内なので、このカヌーを自分たちで回収することは、運良くオイルフェンスの外側から手の届く場所に流れつかない限り不可能だ。

「流されたカヌーについては放棄されたものと判断し、海上保安庁は関与しない。返還は防衛局に求めてくれ」というのが彼らの言い分だ。

しかし、昨年の4/25のK9護岸工事が始まって以来、同様に抗議者がカヌーから離れるということは頻繁に行われてきたし、カヌーの回収と返還を求めればその都度海保は対応してきた。

この突如の方針変更については全く納得のいく説明がなされたわけではない。

f:id:yamasa-kick:20180107210155j:image

防衛局に返還を求めればカヌーが戻ってくるとはいえ、それは当日ではなく翌日以降のことになる。

別のカヌーをテントから運んで準備するにも時間がかかり、抗議行動の時間は大幅に奪われる。

とにかくそうやって小さな嫌がらせをして、僕らを現場から遠ざけることが目的だ。

f:id:yamasa-kick:20180107211323j:image

このことからも、海保が辺野古の海では「海の安全」を守る仕事をしているのではなく、「工事の進行」を守る仕事をしているということが分かる。

僕らは違法に進められている工事を止めようとしているのだから。

f:id:yamasa-kick:20180107211109j:image

f:id:yamasa-kick:20180107211143j:image

この常軌を逸した過剰警備に守られることによって、海を殺し、子供たちの未来をつぶす埋め立て工事が強行されている。

この国は後戻りのできない道を歩もうとしている。

止めることができるのは市民の力だけだ。

f:id:yamasa-kick:20180107211708j:image

 

 

f:id:yamasa-kick:20180107211734j:image

辺野古崎付近の浜では資材搬入や重機の行き来の為に使われる仮設道路敷設のための調査と思われる作業が行われていた)

壁と穴

f:id:yamasa-kick:20180105225257j:image

 (やんばるアートフェスティバル 旧塩谷小学校)

 

ちょっと前に某コメディアンが漫才の中に沖縄や原発などの社会問題を盛り込んだことで、日頃のマスメディアのだらしなさに辟易していた人々の間が賛否両論で少々騒がしい。
「よくぞやった!」と彼を絶賛する人もいれば、彼の過去の発言や、そのネタの稚拙さを指摘し、猛烈に否定する人までいて、彼がホンモノかニセモノかという議論を通り越して、異論を唱える相手方の感性全体までも否定してしまうかのような論調を目にすると、とても残念な気持ちになる。


まぁとにかく、彼はほとんど誰も手をつけなかった壁の目立つ所に、ちょっとした穴を開けて、『入口』という札をかけるくらいのことはしたんじゃないかな、というのが僕の感想だ。
その『入口』の意味は最早作った人物の真贋や意図とはかけ離れつつある。
その『入口』をくぐるかどうかは受け手それぞれの自由であり、そこから入って何処まで踏み込んで何を見て何を知るのかは個々の感性に委ねられている。
ある人にとっては大きな一歩を踏み出すドアになるかもしれない。
中を覗いただけで立ち去る人も多いだろう。
その価値なんて、受け手によってどうにでもなる。
その程度の事だ。

 

けど、とにかく穴はひとつ開いた。
その穴の良し悪しをどうこう言いあって互いに消耗するよりも、次々に穴を開けることにもっと力を注ごうよ!と僕は言いたい。
見すぼらしい穴や、小さい小さい穴や、惚れ惚れするような穴や、歪な穴をみんなでどんどん開けて、壁なんて壊してしまおう。
新年の抱負なんてたいしたもんじゃないけれど、それがこれからも僕のやりたい事のひとつです。

 

この先は、沖縄の基地問題に限らず、あらゆる面で僕らは壁に囲われていくことになる。
どんどん視野は小さくなって、心を通わすことが難しくなる。
彼らはそうやって僕らを分断して、孤立させて、彼らの見せたいものだけを見せようとするのは間違いない。
3ヶ月ぶりに訪れた首都トーキョーの街をチラッと見ただけで、もうそれがとっくに始まっていて、着々と進められていることを感じたよ。
トーキョーはもう戦前のニオイがプンプンしていた。
だから、僕らは壁にどんどん穴を開けなければならない。
それは誰だってできるはず。

 

もうひとつ僕のやりたい事は、誰かの開けてくれた穴を『入口』にして、躊躇せずにどんどん奥に入っていって色んなものを見る事だ。
この二週間、小さな上映会を仲間と開くことができたし、海にも出たし、宜野湾やヤンバルでたくさんの人と会って話をしたりもした。
彼女の開けてくれた穴を通って、六文銭の町や、壮観な雪山の連なりを見てきた。
そこに暮らす人々は本当にあたたかく迎え入れてくれて、不器用ながらも僕なりに触れあうこともできた。
それは僕にとってのこの世界が確実に変わったことを意味する。

 

僕らはまだ何ひとつ分かっていない。
出会うべき人ともまだまだ出会っていない。
僕らは常に言葉足らずだし、考えが浅はかだし、誰も全体像など見えてはいない。
分かったつもりになっちゃいけない。
伝え続けねばならない。
互いに知ろうとすることを止めてはいけない。
お互いの死角に有るものを、相手の背中に何が有るのかを、知らせ補い合っていかなければならない。
僕らが知っていることなどほんの僅かだ 。
真実は簡単には見つからないし 、ほんとうのことは滅多に語られないのだから 。

 

このふたつを続けていけば、僕らは世界を変えられる。
ということで、みんなで一緒になって、あの手この手でやりましょう。
引き続きよろしく。

 

f:id:yamasa-kick:20180105224805j:image

f:id:yamasa-kick:20180105224858j:image

f:id:yamasa-kick:20180105225010j:image

f:id:yamasa-kick:20180105225139j:image

f:id:yamasa-kick:20180105230214j:image

f:id:yamasa-kick:20180106062456j:plain

那覇空港沖は護岸で囲われて、埋め立て拡張工事が進んでいる。近い将来の辺野古の様子を見るようで心が痛む)

 

f:id:yamasa-kick:20180105225353j:image

 (鹿教湯温泉 氷灯ろう)

 

f:id:yamasa-kick:20180105225430j:image

f:id:yamasa-kick:20180105225556j:image

f:id:yamasa-kick:20180105225635j:image

f:id:yamasa-kick:20180105225738j:image

f:id:yamasa-kick:20180105225823j:image

f:id:yamasa-kick:20180105225907j:image

善光寺の力強い金剛力士像。製作者の一人である高村光雲高村光太郎の父なんだそうだ)

 

f:id:yamasa-kick:20180105225946j:image

善光寺

 

f:id:yamasa-kick:20180105230044j:image

f:id:yamasa-kick:20180105230338j:image

(独鈷山とっこさん)

 

f:id:yamasa-kick:20180105230430j:image

(くりくり瞳でメイ君がお出迎え)

 

f:id:yamasa-kick:20180105230500j:image

 (沖縄手ぬぐい。この鳥はなんでしょうか?)