夢をあきらめずに

沖縄暮らしの記録

歩みを止めずに前へ

辺野古 10/16,10/17

 

台風21号が沖縄へ近づいてくるようだ。

16日にカヌーで久しぶりに海へ出たら、ドクロ前、赤白鉄塔前、シアター前の三ヶ所の工事ポイントでは全てフロートやオイルフェンスなどの撤去作業が行なわれていた。

接近する台風に備えるためだ。

f:id:yamasa-kick:20171017233328j:image

f:id:yamasa-kick:20171017233405j:image

f:id:yamasa-kick:20171017233547j:image

f:id:yamasa-kick:20171017233612j:image

 

f:id:yamasa-kick:20171018002749j:image

f:id:yamasa-kick:20171018002820j:image

f:id:yamasa-kick:20171018003113j:image

 

f:id:yamasa-kick:20171018003149j:image

f:id:yamasa-kick:20171018003237j:image

f:id:yamasa-kick:20171018003343j:image

(N5護岸のスタート地点となる浜に新たに設置された階段)

 

予報によると、台風21号が最も接近するのは21日から22日にかけてになるようだ。

台風通過後も波風の影響は少し残るから、フロートの再設置をしてから作業が再開されるのは来週後半になるのではないだろうか。

f:id:yamasa-kick:20171018003546j:image

f:id:yamasa-kick:20171018003654j:image

兎にも角にも、作業が滞って日程が遅れていくのは喜ばしいことだ。
埋め立てで殺されていく命にそれだけの時間の猶予が与えられたことになるのだから。

f:id:yamasa-kick:20171018003718j:image

 

 

長島の上から見下ろすと、大浦湾のフロートも大幅に撤去されていて、汚濁防止膜についても撤去作業が行なわれている様子だった。

f:id:yamasa-kick:20171018003831j:image

 

作業台船も波風の影響が少ない羽地内海などに一時避難する動きが始まっている。

f:id:yamasa-kick:20171018002948j:image

(大浦湾から去っていくクレーン台船)

 

f:id:yamasa-kick:20171018004744j:plain

(長島から見た平島)

 

f:id:yamasa-kick:20171018004947j:plain

f:id:yamasa-kick:20171018005123j:plain

 

作業が止まることの嬉しさと裏腹に、悩ましいのはあと10日を切ってカウントダウンが始まった10/25の海上座り込みについてだ。

f:id:yamasa-kick:20171018005240j:plain

当日、台風の影響が天候にどの程度残るのか。

作業が行われるとしてどのような内容のものになるのか。

そもそも県外の人が乗ってくる飛行機は飛ぶのか。

などなど心配しだすとキリが無い。

天候不良で全く海に出られない可能性もある。

せっかく日程をやりくりして集まってくれる皆さんには申し訳ない気持ちもあるが、天候だけはどうにも出来ない。

そこはご理解いただいて、その時に集まってくれた皆さんと一緒に出来る行動を見つけて、有意義な時間を過ごせるようにしたいと思う。

そうなった時には、皆さん知恵を貸して下さい!

 

17日も海に出たが、シアター前までたどり着く前に雨が降り出し、途中で引き返した。

天候は悪くなる見通しだったので、カヌー練習の数人を残して、この日は行動を終了した。

空いた時間で10/25に向けてカヌーの点検と整備を行なった。

辺野古へカヌーを贈る会』の皆さんから贈って頂いた3艇の新しいカヌーも名前が決まり、船体に名前が書き込まれた。

f:id:yamasa-kick:20171018002425j:image

f:id:yamasa-kick:20171018002524j:image

 不思議なもので、カヌーに名前がつくとそれまで以上に愛着が湧いてくる。

今後一緒に多くの波を越えて、フロートも越えて、現場へと僕らを運んでくれる大事な仲間だ。

感謝して、大切に使わせてもらいたい。

 

ところで、ちょうど3年前の2014年10月17日は僕が初めて沖縄にやってきた日だ。

そこからの一ヶ月の滞在で、未知だった沖縄の文化に触れ、尊敬すべき多くの人々と出会い、カヌーを覚え、心から信頼出来る仲間が出来て、やがて沖縄に移り住んで今の毎日がある。

それまで見たことのなかったような海、森、星空、そして米軍基地。

毎日が学ぶことで溢れている。

 

もう3年だし、まだ3年だ。

感覚的にはもっと長い時間が流れたような気がしているが、それだけ濃密な時間を過ごしたということだろう。

分かったつもりにならないように、謙虚に知ろうとする事を止めないように。

諦めずに相手に届く方法を探して、伝え続けよう。

世の中の状況はますます厳しくなっているが、僕は3年前よりも、去年の今日よりも、確実に “Love & Peace” に近づいた日々の中にいる。

僕たちは歩みを止めずに前へ進んでいるから。

 

愛しい人々と共に
笑顔をかわしながら
このまま続けていこう。

f:id:yamasa-kick:20171018005556j:plain

 

 

On My Way To See You

辺野古 10/6

 

三箇所で並行して作業が進められている。

 

ドクロ前は仮設道路がほぼ完成したようだ。近いうちにK1護岸工事が始まるだろう。

f:id:yamasa-kick:20171006221427j:image

f:id:yamasa-kick:20171006221605j:image

 f:id:yamasa-kick:20171006221659j:image

 f:id:yamasa-kick:20171006221829j:image

 f:id:yamasa-kick:20171006221735j:image

 f:id:yamasa-kick:20171006221941j:image

(仮設道路の先端部に続いてK1護岸工事はこの前方部分から海へと伸びてくると思われる) 

 

長く作業を中断していた赤白鉄塔前は、袋小路になっていたガードレールの先端部を外して、道路を伸ばしていく作業が再開される。

f:id:yamasa-kick:20171006222417j:image

 f:id:yamasa-kick:20171006222518j:image

 

シアター前は仮設道路工事を行っていた業者とは別の業者が根固め袋材の設置を始めている。これは仮設道路の作業はおわり、中仕切り護岸N5の工事が始まったことを意味するに違いない。

 f:id:yamasa-kick:20171006222610j:image

f:id:yamasa-kick:20171006222646j:image

 

カヌーチームは少ない人数で3つのポイントに対応しなければならない。

だから、もう手も足も出ないかというとそうではない。

ポイントが多くなったことで、警備の対応にも隙が出来ることがある。

少ないチャンスを逃さなければ工事を少しでも遅らせることは可能だ。

今日も袋材のすぐ近くまで数名が到達し、何分かクレーンの作業をストップさせる事が出来た。

粘り強く監視して状況を見極め、チャンスを見つけたら大胆に行動する。

周りの仲間との阿吽の呼吸によるチームワークも重要だ。

短い時間の積み重ねが大きな結果を導くと信じて続けていこう。

f:id:yamasa-kick:20171006223644j:plain

 

 

明日の早朝のフライトでしばらく僕は東京へ行く。

前から計画していたことなので、護岸工事の始まるタイミングと重なってしまったが、気分を切り替えて旅を楽しんできたい。

またリフレッシュして、新たな気持ちで戻ってくるつもりだ。

 

今夜は那覇のドミトリーでこんな曲を聴きながら早めに眠ってしまおう。


Norah Jones ♦ The Nearness Of You

続けていこう

辺野古 9/28

 

カヌーと船団による海上行動チームの奮闘によって、25日から三日間連続で仮設道路造成作業が一時的に止まるような状況を作れている。

その反動で28日は海保の警備が非常に厳しかった。

カヌーの参加は10艇。作業を止められる可能性が有るシアター前に全艇を集めるが、フロートの囲いの中では最大で6艇の海保GBが警備にあたった。

ほとんどのメンバーがフロートを越えてすぐに拘束されてしまうなか、隙をついて数名は仮設道路まで近づけた。

 

今はとにかくその日その日に集まったメンバーで、思いつく限りの方法を試してみるしかない。

続けていこう!

 

 

f:id:yamasa-kick:20170930014156j:image

(ドクロ前)

 

f:id:yamasa-kick:20170930014236j:image

 (ドクロ前)

 

f:id:yamasa-kick:20170930013028j:image

(米軍の水陸用車による訓練)

 

 f:id:yamasa-kick:20170930014533j:image

 (海亀の産卵する浜を走り回って訓練する米軍のバギー車)

 

f:id:yamasa-kick:20170930013515j:image

(シアター前)

 

f:id:yamasa-kick:20170930013559j:image

 (シアター前)

 

f:id:yamasa-kick:20170930013648j:image

(シアター前)

 

f:id:yamasa-kick:20170930013819j:image

(テントの屋根でくつろいでる茶ぁこ)

 

同じ思いを持って

辺野古 9/25

ドクロ前とシアター前の二手に分かれて行動。
ドクロ前から東へ伸びる仮設道路は、埋立地の西端にあたるK1護岸への資材や重機が行き来する生命線。

f:id:yamasa-kick:20170928011718j:image

f:id:yamasa-kick:20170928011844j:image

f:id:yamasa-kick:20170928012114j:image

f:id:yamasa-kick:20170928012715j:image

f:id:yamasa-kick:20170928012747j:image

f:id:yamasa-kick:20170928012821j:image

f:id:yamasa-kick:20170928013027j:image

(ドクロ前の仮設道路)

 

f:id:yamasa-kick:20170928011929j:image

(並んだコンクリートブロックの最先端あたりからK1護岸が始まるのではないかとも言われている)

 
そして、シアター前から西へ伸びる仮設道路は、埋立区域を分割する中仕切り護岸N5への生命線。

 f:id:yamasa-kick:20170928013519j:image

 f:id:yamasa-kick:20170928013600j:image

(シアター前の仮設道路)

f:id:yamasa-kick:20170928014109j:image

f:id:yamasa-kick:20170928013710j:image

 (仮設道路を囲む黄色い小型フロートの位置が更に西へと移動させられた。中仕切り護岸N5のスタート地点と言われる茶色の八角堂は目前に迫った)


この2つの護岸工事を国は来月にも始めると公言している。また海への捨て石の投入が再開されるのだ。
ふたつの仮設道路は着々と工事が進み、それぞれの護岸が海へと伸ばされていくスタート地点となる浜へ程なく到達するところまできている。

 

今日はカヌーメンバーの一人が海保の警備をすり抜け、仮設道路への砕石投下ポイント近くまで到達し、ダンプが砕石を下ろせずに一旦引き返した。
作業は20分程止まった。
僕はこの20分は偉大な成果だと思う。

f:id:yamasa-kick:20170928014201j:image


様々な意見が有る。
まだ仮設道路工事の段階で、そこまでのリスクを冒す必要が有るのか?という声も有った。
しかし、仮設道路完成は目の前だ。
それを野放しにしておいて、いざ護岸工事が始まった時に、確実に工事を止める秘策が有るのかと言えば無いのだ。
だから、僕は今出来ることを精一杯やりたいと思っている。
知恵を絞り、勇気を持って、次の行動を決めていきたい。
権力による横暴な基地建設を止めたいという、同じ思いを持って集まった仲間ならば、きっとそれは出来るはずだ。


行動を前へと進めよう!

 

f:id:yamasa-kick:20170928012350j:image

(ドクロ前の仮設道路奥に作られた生コンプラントへと続く道を3台のダンプが走って行き、数分後に引き返していった。その時間の長さから生コンプラントで資材を下ろした可能性が高い。生コンプラントの稼働もそう遠くはないに違いない)

 

f:id:yamasa-kick:20170928013118j:image

 (前日の日曜日、カヌーの行動が休みの日を選んで、赤白鉄塔前にもフロート類が再設置された。作業は全く行われていないが、海保が配置され警戒をしている)

 

f:id:yamasa-kick:20170928012928j:image

伝えなきゃ

辺野古 9/22 ,9/23

伝えなきゃ
言葉を尽くして
伝えなきゃ
小さな行いを重ねて
伝えなきゃ

 

伝えなきゃ
何が起こっているのか
伝えなきゃ
今目の前の事がどんな結果に至るのか
伝えなきゃ

 

伝えなきゃ
僕が一体どうしたいのか
伝えなきゃ
あなたがどうしたいのか知りたいと
伝えなきゃ

 

伝えなきゃ
僕らとあなたたちは同じなのだと
伝えなきゃ
家族や仲間や平穏な日々を愛するのだと
伝えなきゃ

 

伝えなきゃ
ユーモアを交えて
伝えなきゃ
きちんと伝わるやり方で
伝えなきゃ

 

伝えなきゃ
僕の方から見える世界を
伝えなきゃ
そちらから見える世界と合わせようと
伝えなきゃ

 

伝えなきゃ
世界中の人に
伝えなきゃ
抗う人がいたのだと 未来の人たちに
伝えなきゃ

 

f:id:yamasa-kick:20170923234626j:image

(爽やかなグリーンの新艇カヌーを3艇も辺野古にカヌーを贈る会の皆さんから頂きました!10/25のカヌーメンバーが大集合する海上座り込みに向けても新しいカヌーが増えることは大変助かります。22日はその新しいカヌーに乗せてもらい海へ!)

 

f:id:yamasa-kick:20170924001108j:image

(シアター前あたりは少し波があって荒れ気味)

 

f:id:yamasa-kick:20170924001414j:image

(ダンプが運んできた根固め袋材を奥のオレンジ色クレーンが下ろして仮置きする作業)

 

f:id:yamasa-kick:20170924002447j:image

(22日、シアター前)

 

 f:id:yamasa-kick:20170924002629j:image

(雨雲が接近してきたので、船長判断で松田ぬ浜へ緊急退避)

 

f:id:yamasa-kick:20170924003038j:image

(22日、松田ぬ浜のフェンス)

 

f:id:yamasa-kick:20170924003147j:image 

(ドクロ付近にある生コンプラント裏の斜面をユンボで削り取る作業はここ数日で始まったようだ)

 

f:id:yamasa-kick:20170924003432j:image

(23日、朝日に向かって海へ出る)

 

f:id:yamasa-kick:20170924004252j:plain

(シアター前に到着するが、作業員の姿がない)

 

f:id:yamasa-kick:20170924004543j:plain

(23日シアター前。海も空も素晴らしく清々しいブルー)

 

 f:id:yamasa-kick:20170924005637j:image

(9時を過ぎても作業員は現れなかったので、今日の海上作業ほ「行われない」と判断した)

 

f:id:yamasa-kick:20170924005541j:image

f:id:yamasa-kick:20170924005742j:image

f:id:yamasa-kick:20170924005857j:image

(海亀の卵から孵化した子亀のためだと防衛局が言うトンネルも潮が満ちている時は水の中)

 

f:id:yamasa-kick:20170924075008j:image

(大浦湾に戻ってきた黄色いクレーン台船)

 

 f:id:yamasa-kick:20170924075038j:image

(シアターの裏近く大浦湾側の砕石置き場脇にあるグレーの直方体の物体。被覆ブロックを作る為の型枠ではないかと言われている。←これはどうも型枠ではなかったようです。先ほどライターの渡瀬夏彦さんが昨日フェイスブックに投稿された写真の中にもっと型枠らしいものが写っているのを見ました。誤った情報で失礼しました。)

 

f:id:yamasa-kick:20170924075318j:image

(ドクロ前も着々と仮設道路工事が進められている。並べたコンクリートブロックの上にH鋼を固定して、その上にさらにコンクリートブロックを敷き詰めている)

 

f:id:yamasa-kick:20170924082542j:image

(設備を待つH鋼。その手前には4種のフロートやオイルフェンスのラインが無秩序に何重にも引かれている。これだけを見ても、計画を逸脱して行き当たりばったりの作業が行われていることが分かる)

 

f:id:yamasa-kick:20170924083208j:image

(松田ぬ浜まで帰ってきた時、上空には河のように連なった黒い雨雲が迫っていた。雷注意報が連日出ている。雲の流れが早く変わりやすい天候の日が続く。海上行動では天候判断を間違えば命とりにもなりかねない)

 

f:id:yamasa-kick:20170924083645j:image

f:id:yamasa-kick:20170924083708j:image

f:id:yamasa-kick:20170924083733j:image

f:id:yamasa-kick:20170924083803j:image