夢をあきらめずに

沖縄暮らしの記録

螺旋

長らく苦痛を与えてきた
肉体という乗り物を捨てて
この世の誰よりも自由を満喫していることだろう
居なくなったわけではない
カタチの無い存在になっただけ
降ろされた重い荷物を
今度は僕らが背負う番だ

終わりは始まり

始まりは終わり

僕らはぐるぐる進んでいく

 

f:id:yamasa-kick:20171212003317j:image

ガルシアの風

f:id:yamasa-kick:20171203145656j:image

 f:id:yamasa-kick:20171203145744j:image

 


ドクロ前 捨て石投下 2017.11.27

f:id:yamasa-kick:20171203145815j:image

 

f:id:yamasa-kick:20171203150335j:image

 

辺野古 11/27

 

カヌーで容易に越えることが難しいオイルフェンスが3重に張られ、中では海保の高速ゴムボートと、フィンを履いた屈強な海猿が目を光らせ待ち構えている。

県知事の作業中止指示を無視する違法な工事がどんどん進んでいく。

海上行動は監視しているだけだと言う人がいるそうだが、ひとたび壊されれば取り返しのつかない環境破壊が進行していくのを目の前でただ見て、捨て石の転がるゴロゴロという不快な音をただ聞いているだけで、呆然としていることに耐えられる人はそうはいるとは思えない。

カヌーチームがそれでも毎日海へ出ていけるのは、どうやればこの違法工事を止められるか模索し、数少ないチャンスを探してトライするという目的があるからだ。

どうすれば止められるのか?

どんな言葉で語れば海保や作業員の心に届くのか?

どうかこれらの写真や動画を、そういった気持ちで見てもらいたい。

 

そして、あなたなりのアイディアや言葉を携えて、一緒に海へ出て欲しい。

具体的に行動することなくしては、たったの1秒も止められない。

行動すれば未来は変えられる。

 

 

 

 


仲井戸CHABO麗市 ガルシアの風

 

僕らはみんな自由の服に着替えて

冷たい川の水に足を投げだす

やがて漆黒の夜が訪れたら

僕らは 盗まれた星たちを取り返しに行く

 

ああ どうにもならぬことなど 何もなかったのです

ああ どうしようもないことなど 何ひとつなかったのです

 

ああ どうにもならぬことなど 何もないのさ

ああ どうしようもないことなど 何ひとつないのさ

メッセージ

辺野古 11/24

 

海保のゴムボートに何回も乗せられたので、海保の皆さんへしっかり メッセージを伝えたよ。

 

f:id:yamasa-kick:20171201125418j:image

f:id:yamasa-kick:20171201125549j:image

 

君へ

f:id:yamasa-kick:20171123002004j:plain

 

手を伸ばしても 届かない
見えない場所に 隠されて
鉄の格子や 高いフェンスで
どんなに 別け隔てられても

国境や 階級や 貧富や 思想や
様々な壁で 分けられて
互いの胸の内を 言葉で
分かりあうことが できなくても

季節が過ぎ 歳月が重なり
命が尽き 身体は朽ち果て
同じ時間を 生きられなくて
巡り会うことが 決してなくても

ぼくらは 同じティダを見ている
自然に寄り添い 歩いていけば 約束の場所に出られる
同じように 笑い 同じように 泣いて
同じように 唄ったり 踊ったり 抱きあったりするのだから
君の気持ちになってみることができる

だから大丈夫
何も怖がることはない
いつでも 君の声が聞こえる 顔が見える
ずっと側にいる
何者もぼくらを 引き離すことはできないんだ

 


ヤンバルの森 蝶の集まるところ

WILL YOU STILL LOVE ME TOMORROW

辺野古 11/13

 


ドクロ前K1護岸工事 捨て石投下 2017 11/13

 

f:id:yamasa-kick:20171115014338j:image

f:id:yamasa-kick:20171115014820j:image

f:id:yamasa-kick:20171115014843j:image

f:id:yamasa-kick:20171115014950j:image

f:id:yamasa-kick:20171115015034j:image 

f:id:yamasa-kick:20171115014738j:image

 

明日のことなんか分からない
永遠なんて見たこともない
だから今を生きるんだ
運命に屈せず 今できることを続けていくんだ


薄汚い策略はもう見飽きた
どんなに現状が酷いと嘆いてみても
ほとんど何も変わりはしなかった
やっぱり僕らでやるしかない
行動を積み重ねて 積み重ねて
築いた山は
僕らが何に抗い
何を愛して生きたのか
それを示す証になる

たった数艇のカヌーで何ができるのか

たった一分止めて何の意味があるのか

その答えは全てそこにある

 

 


Carole King & James Taylor - WILL YOU STILL LOVE ME TOMORROW (Live)