夢をあきらめずに

沖縄暮らしの記録

引く時は引く

辺野古 7/6

 

 松田ぬ浜からカヌーを出すと、フェンスひとつ隔てたシュワブの浜では水陸両車数台が間も無く訓練を開始しようとしていた。そこだけ切り取って見ればそれはどう見ても戦場の風景だ。戦場と市民の生活の場が隣接する、これが観光ガイドブックには載らない沖縄の実情だ。

f:id:yamasa-kick:20170708232119j:image

 

赤白鉄塔下の仮設道路建設地に来てみたら、前日の午後に持ち込まれた黄色いフロートが捨て石の山を取り囲んでいた。このフロートにはカーテンが付いている。防衛省の説明では海への石材投下時にまき上がる汚濁の拡散を防ぐつもりのようだが、どう見てもその効果は疑わしい。

f:id:yamasa-kick:20170708233051j:image

f:id:yamasa-kick:20170708233107j:image

 

辺野古弾薬庫下のK9護岸の監視に向かった船からの連絡では、護岸の周りにテトラポットを設置する作業が行われたようだ。テトラを運ぶトレーラーが2度もパンクして作業は順調に進んではいなかったようだ。

 

仮設道路建設地では朝イチから捨て石を積んだダンプカーが次々とやって来て、捨て石のスロープの降り口に追加の捨て石をおろし、それをユンボが必要な場所へと移動させてスロープの道幅を広げていく作業が夕方まで続いた。石を動かすたびに猛烈な粉塵がまき上がる。捨て石が十分に洗浄されていない証拠だ。

f:id:yamasa-kick:20170708235505j:image

f:id:yamasa-kick:20170708235518j:image

 


赤白鉄塔下の仮設道路建設

 

捨て石を広げては測量してスロープの傾斜などを何度も確認していた。

f:id:yamasa-kick:20170708235626j:image

 

午後、潮が引いてフロート付近の水深が浅くなり所々岩場が干上がって露出してくる。足首までもない浅い潮溜まりをよく見ると小さな魚がたくさんいる。岩場には小さな蟹も。この海は間違いなく多様な生物の住処なのだ。人間の都合で勝手に埋めていいはずはない。

f:id:yamasa-kick:20170708235419j:image

 

 f:id:yamasa-kick:20170709000305j:image

f:id:yamasa-kick:20170709000741j:image

 f:id:yamasa-kick:20170709000802j:image

カヌーはフロートの周りにはりついて監視と抗議をしていたが、タイミングをみてカヌーから降りたメンバーが抗議のため一人また一人とフロートを跨いで内側に入った。すぐに海保に取り囲まれ、先へは進めなくなるが、強制的に排除されることはなかった。

f:id:yamasa-kick:20170709000614j:image

 十数分ほどだろうか抗議を続けていると軍警が現れてまた激しく恫喝を始めた。

 f:id:yamasa-kick:20170709000853j:image

f:id:yamasa-kick:20170709000915j:image 

 

 軍警は米軍に雇われた民間警備員だが銃を所持している。昨年はカヌーメンバーを岩場付近から基地内に引きずり上げ8時間もの不当な拘束をした。一年以上経った現在もその拘束の法的根拠は全く示せないでいる。

拘束がいくら不当なものであっても、我々市民は拘束されることで様々な実被害を被ることになる。

故に軍警が出て来た場合には引く。

「自分たちが正しいのなら引くことはないじゃないか」と言う海保がいたが、彼は青信号を渡っている時に横断歩道に車が暴走してきても逃げないのだろうか?

いくら信号が青だと主張したところで、轢かれてしまったらオシマイだ。

 

f:id:yamasa-kick:20170709002733j:image