夢をあきらめずに

沖縄暮らしの記録

変わりゆく時代の中で

辺野古 3/14

 

約半月ぶりに海へ

カヌーの4名と、サポート船に乗った2名がこの日の海上行動メンバー

向かうは辺野古崎と長島の間の海水の流れを断ち切るK8護岸の造成現場

 

f:id:yamasa-kick:20190314230657j:plain

f:id:yamasa-kick:20190316145022j:image

 

40分程カヌーを漕いでたどり着いた辺野古崎には

半月前には無かったK8護岸の基礎となる捨て石が50mくらいは連なっていた



f:id:yamasa-kick:20190314230735j:image

 

やがて捨て石のラインを覆う被覆ブロックの設置が始まった

オイルフェンスを越えて作業現場へ近付こうとするが

海保の高速ゴムボート5隻が立ち塞がり先へ進めない


f:id:yamasa-kick:20190314230648j:image

 

海保のゴムボートで辺野古浜へ戻され

サポート船の牽引で現場へ戻る

船の前方を海ガメが横切った

この辺りにはジュゴンや海ガメが好む海草藻場が広がっているのだ

このまま工事が進めば藻場は失われ

餌場を奪われた海ガメをもう目にすることもなくなるだろう

 

f:id:yamasa-kick:20190314230724j:plain

 

この海を殺しているのは誰だろう

目の前の作業員や海保にロクでもない仕事をさせているのは誰だろう

カイホ バカヤロー

アベハ ヤメロ

そうやってダメなヤツらを叩き潰せば命は守れるのだろうか

どうやったらこの殺戮を止められるだろう

僕は本気でこの海を守ろうとしているだろうか

この海殺しを止めきれない社会状況の中に否応なく誰もが組み込まれ

その暮らしの一部は巡り巡って

自然を壊したり

誰かを食い物にしたり

未来を台無しにしたりすることに

自覚することもなくつながっていて

今この時代を生きるひとりとして

実は誰だってこの海を埋め立てることの責任から逃れることはできない

どうすればそれを変えられるだろう

どうすればそんな世界から抜け出せるだろう

何かを変えるのではなく

誰かに託すのでもなく

僕たち自身が変わらなくては

出口は見つからない

海保のにぃにぃにも言った

どうしたら止められるか

一緒に考えて欲しい

何かできることがあるはずだから


#STOP_K8
f:id:yamasa-kick:20190314230708j:image

 

カヌーに乗っている間、頭の中でなっていたのはこんな歌

 


変わりゆく時代の中で(佐渡山豊のカヴァー)

 

いつになれば

友よ僕らは

この味気ない時代に

サヨナラが言える

沈みゆく

あの夕陽を止めてみたいさ

力があれば

 

ふるさとの街の上を

いたずらな風が

吹き荒れてる

いつになれば 

友よ僕らは

祖国をふるさとと

呼べるだろうか

 

全ての古いものが

新しいものの中で

もしも流れを変えるなら

変わりゆくこの時代の中で

僕は今みんなと生きていたい

 

人は誰も人でいたくて

友を求めて彷徨うもの

いつになれば

友よ僕らは

僕らを互いに

友と呼べる

 

信じ合うべき僕らの力で

もしも流れが変わるなら

変わりゆくこの時代の中で

僕は今みんなと生きていたい

変わりゆくこの時代の中で

僕は今みんなと生き続けたい