夢をあきらめずに

沖縄暮らしの記録

眠れる巨人

f:id:yamasa-kick:20190225004405j:plain

 

 県民投票の新基地建設に「反対」の得票数が、昨年の知事選で玉城デニー知事が獲得した39万6632票を超え、43万票に達したようだ。「反対」に72パーセントの人が投票した。

 投票率は52%なので、投票しなかった人も含めた全有権者の4割弱が辺野古新基地建設に「反対」の意思を示したことになる。

 この数字は決して軽く扱ってはならない結果だ。

 ウチナーンチュの皆さんの声は確実に辺野古新基地建設に「NO」と言っているのだ。

 これから、この声を玉城デニー沖縄県知事は日米両政府に突きつけ、辺野古新基地建設の白紙撤回を迫ることになる。

 

 そして、ウチナーンチュの皆さんのこの声は、日米両政府だけでなく、私たちヤマトンチュー全てに向かって突きつけられたメッセージでもある。

 沖縄のこの声に本土の私たちはどう答えるのか。

 沖縄を踏み続けてきた自分たちの足をどうするのか?、ということが問われているのだ。

 沖縄の県民投票と同時に、全国各地で行われた模擬投票でも、「反対」の得票率はかなり高かったようだ。

 しかし、その模擬投票に目もくれず、足早に通り過ぎていった大多数の人々がいたことを忘れてはいけない。

 模擬投票で「反対」に投票した人は、全有権者の数から見ればほんの一握りに過ぎないのが現実だ。

 楽観はできないが、奔走した人々によって種は蒔かれた。

 潮目は変わりつつある。

 時間をかけて集められたデータは、大浦湾を埋め立て基地をつくることが非現実的だと明らかに示している。

 これから私たちヤマトンチューがするべきことはたった一つだ。

 全国で最大の勢力を持つ人々、“眠れる巨人”である無関心の人びとを揺り起こすことだ。

 彼らは異邦人でもなんでもない。

 彼らは既に現実に目覚めている私たちの、家族・友人・知人・職場の仲間だ。

 私たちは彼らの心に響く言葉を持っているはずだ。

 もう、応援は要らない。

 誰かに託す時は終わった。

 私たち一人ひとりが、それぞれの場で目の前の誰かの覚醒を促すのだ。

 私たち自身の言葉を尽くして。