夢をあきらめずに

沖縄暮らしの記録

友よ美ら海へ

f:id:yamasa-kick:20180331011512j:image

 

 辺野古 3/29

 

松田ぬ浜をカヌーで出発した頃から、K3護岸上のクレーンがゆっくりゆっくりと引き下がっていた。

カヌーを漕いで護岸を取り囲むオイルフェンスにまでたどり着くと、クレーンは護岸のつけ根である浜の方へすっかり戻っていた。

 

f:id:yamasa-kick:20180331003935j:plain

(クレーンの居なくなったK3護岸)

 

どうやら台風接近の影響で作業は中止されるようだ。

とは言っても、風は普段より少し強い程度。

気心の知れた6人のメンバーで、もうひとつの護岸であるK4の方まで漕いで様子を見に行く。

 

K4護岸上にもクレーンの姿は既に無く、護岸工事は完全にストップすることが確認出来た。

台風3号の予想進路は東に大きく離れているとはいうものの、これからまだ接近してくるので、この週末はもっと風が上がってくる。

作業の再開は週明けになりそうだ。

 

 

f:id:yamasa-kick:20180331004308j:plain

(K4護岸の西側最先端)

 

全長1.6㎞の護岸で2ヶ月後には完全に外海と切り離される辺野古イノーの広大な範囲を見渡し、ここに生きる全ての命が近く殺されることを思う。

ここを住処とする多種多様な生物が、処刑台へと続く通路を列になって進んでいるような、もう切羽詰まったそんな状況だ。

しかし、これは台風のように自然の力によるものではない。

だから、止める方法はあるはずだ。

全国の人、全世界の人に、この大量虐殺を止めるため、それぞれのやり方で行動を起こして欲しいと思う。

多くの人がアクションを起こす時に、この無謀な基地建設計画は必ず止まるのだから。

 


辺野古イノーの生物 大量虐殺を止めよう

 

f:id:yamasa-kick:20180331005943j:plain

 

工事の中止を見届けてから、トレーニングを兼ねて平島まで漕いだ。

今日のぶるーメンバー6人は互いの力量もよく分かりあった、頼もしい仲間たちだ。

向かい風を苦にすることもなく、ぐんぐんカヌーを進ませていく。

 

f:id:yamasa-kick:20180331010246j:plain

f:id:yamasa-kick:20180331010308j:plain

f:id:yamasa-kick:20180331010445j:plain

 

浜でひと休みした後、平島の周りをぐるりと回って、島の美しさを堪能した。

辺野古イノーの広大な範囲が護岸で囲われ、埋め立てられてしまったら、平島の自然環境にも甚大な被害が及ぶことは間違いない。

無謀な基地建設と引き換えに、失うものの大きさは計り知れない。

そのことを多くの人に伝えなければならない。

まだ見ぬ友を、この海へ招くために。

 


平島の潮溜まり

 


平島の自然

 

f:id:yamasa-kick:20180331010644j:image

f:id:yamasa-kick:20180331010711j:image

f:id:yamasa-kick:20180331010736j:image

f:id:yamasa-kick:20180331010806j:image

f:id:yamasa-kick:20180331010830j:image

f:id:yamasa-kick:20180331010856j:image

f:id:yamasa-kick:20180331010939j:image

f:id:yamasa-kick:20180331011005j:image

f:id:yamasa-kick:20180331011034j:image

f:id:yamasa-kick:20180331011111j:image

f:id:yamasa-kick:20180331011146j:image

f:id:yamasa-kick:20180331011234j:image

f:id:yamasa-kick:20180331011308j:image

 

f:id:yamasa-kick:20180331011334j:image

f:id:yamasa-kick:20180331011415j:image

f:id:yamasa-kick:20180331011439j:image

(帰路は米軍の演習とニアミス)