夢をあきらめずに

沖縄暮らしの記録

誰もいない海

辺野古 1/25,26

辺野古では厳しい海上行動が続いている。
その日に集まった10数艇のカヌーをオイルフェンス越しに、それを上回る数の海保ゴムボートが待ち受けている。

f:id:yamasa-kick:20180128175744j:plain

つまり、マンツーマンで各カヌーにはぴったりゴムボートのマークがついていて、オイルフェンスを越えて上手く目の前のゴムボートを交わしたとしても、余ったゴムボートが行く手に先回りして待っている。
さらにその奥には別のオイルフェンスが張られ、護岸の上では数名の海上保安官が待機をしている。
護岸で待つ海保は出番がほとんどなく、緊張感も緩みぼんやりしているように見える。
それほど隙のない、彼らとしては余裕綽々の警備体制だ。

重いカヌーをオイルフェンスに引っぱり上げていては間に合わないので、隙をみてカヌーから海中へと飛び込むこともある。
沖縄の冬は過ごしやすいとはいえ、海水で濡れた身体でゴムボートに乗せられると、風の強い日や曇り空の日には震えが止まらなくなる。

f:id:yamasa-kick:20180128134118j:image 

f:id:yamasa-kick:20180128134146j:image

f:id:yamasa-kick:20180128134211j:image

f:id:yamasa-kick:20180128134236j:image

 

辺野古側の海で護岸工事が始まったのは昨年の11/6だ。
ドクロ前のK1護岸と、シアター前のN5中仕切り護岸のふたつの工事が並行して進められ、この二ヶ月半でK1護岸(216m)とN5中仕切り護岸(278m)は残念ながら作られてしてしまった。
現在はK1護岸から角度を変えてK2護岸(222m)、N5中仕切り護岸の先端からT字に左右に伸ばす様にk4護岸(1029m)、このふたつの工事が始まっている。

石材を大浦湾へ持ち込む運搬船も、週に何度もやって来るようになった。

権限を行使して基地建設計画に抵抗する名護市長と沖縄県知事選の首をすげかえようと、市長選、知事選に向けて、工事が後戻り出来ない程に進んでしまったという諦めムードを県民の間に作り上げるために、国は目に見える既成事実を次々に積み上げている。

だが、先行きには未解決の問題がいくつも有り、基地建設計画自体の目処が立っているとはとても言い難い。

また、工事を加速させ税金をどんどんそこにつぎ込むことは工事利権のバブルをうみ出し、工事が進めば景気が良くなるという錯覚を植えつける。

しかし、そのアメ玉と引き換えには、戦争という鞭が待っていることを忘れてはならない。

 

f:id:yamasa-kick:20180128180212j:plain

オイルフェンスを隔てて会話している時に海保が
「私は中立ですから。基地建設賛成でも反対でもない。中立です」
と言った。
今、目の前で命が殺されていくのに、中立なんてあり得ない。
「止めろ!」と言わなければ、賛成だろうが中立だろうが、同じこと。
反対しなければ、容認したと見なされる。
海の生き物が殺され、子どもたちの平穏な未来が壊されていくことを、“止める”か“見過ごす”か、この二択しかあり得ない。

職務中には海上保安庁職員としての立場もあるのだろうが、職場を離れ一個人の人間として生きる時間には、中立という言葉は使わないでもらいたい。
中立というのは、冷静で公正な立場に思えるかもしれないが、かけがえのないものが目の前で壊されようとする今、中立は最も無責任で大人として恥ずかしい立場だ。

想いを行動に変えて、表現しなければならない。
それはそれぞれの人の置かれた立場や能力や様々な事情で、いろんなカタチがあっていい。
しかし、「止めろ!」という想いを表さなければ、止まることはない。
これは沖縄で起こっている問題だが、「沖縄問題」ではない。
「命を守る」かどうかの問題だ。

どんなに状況が厳しくても、それでも僕らは海に出る。
今壊されているものは、お金では到底売り渡せないものだ。
「止めろ!」と行動で示さなければ、それを容認したことになるのだから。

声をあげる人が誰もいない海にはしない。

 

想いを行動につなげて欲しい。

 

 

f:id:yamasa-kick:20180128134310j:image

f:id:yamasa-kick:20180128134340j:image

f:id:yamasa-kick:20180128133955j:image

f:id:yamasa-kick:20180128134058j:image

f:id:yamasa-kick:20180128134515j:image

f:id:yamasa-kick:20180128134558j:image

f:id:yamasa-kick:20180128134618j:image

f:id:yamasa-kick:20180128134647j:image