夢をあきらめずに

沖縄暮らしの記録

一人の人間として

辺野古 12/12

 

仕事や悪天候でしばらくカヌーに乗れてなかったが、ようやく海に出られた。

話には聞いていたけど、大型オイルフェンスの囲い込みは想像していた以上に拡張されていて、囲いの中を海保のゴムボートが自在に走り回っていた。

 

f:id:yamasa-kick:20171214003115j:image

(通称シュワブ岩もオイルフェンスの囲いの内側に取り込まれてしまった)

 

f:id:yamasa-kick:20171214004321j:image

f:id:yamasa-kick:20171214004643j:image

(被覆ブロックの設置作業 ドクロ前)

 

目の前で被覆ブロックや根固め袋材の設置がどんどん進んでいくのに、ますますそこへ近づくことは難しくなった。

それでも何度も何度もオイルフェンスを越えていく。

 

f:id:yamasa-kick:20171214004016j:image

f:id:yamasa-kick:20171214004114j:image

(ドクロ前 K1護岸)

 

すぐに海保のゴムボートがやって来て、飛び込んだ海猿にカヌーをおさえられる。

カヌーから海に飛び込んで先を目指すが、何メートルも泳がないうちに捕まる。

沖縄とはいえ、水に入ると身体が震えるほどに冷たい。

全身ウェットスーツで完全装備した海猿でも、一日に何度も海に入ることは苦痛なのだろう。

嫌気がさして、暴力的になっている者もいるようだ。

しかし、海保にそんな辛い仕事を強いているのはカヌーメンバーではない。

冷たい海の水よりも、良心を押し殺し、ただただ命令に従い、誰からも感謝されないことが本当は苦痛なのだ。

正義のカケラも無く、欺瞞に満ちて、矛盾だらけで、戦争という人殺しの片棒を担ぐ、そんな仕事を彼らに強いているのは、日米両政府だ。

「寒いね。冷たい思いさせて悪いね」

拘束された後にはできるだけそういう言葉をかけるようにしている。

そんな時には一人の人間として、素の顔をチラリと見せてくれる人もいる。

 

f:id:yamasa-kick:20171214003357j:image

(工事用資材や重機を運ぶための赤白鉄塔前の仮設道路は、両端でクレーン車が作業をするようになった。東西にそれぞれ道を伸ばし、ドクロ前のK1護岸と、シアター前のN5中仕切り護岸をつなぐ)

 

状況は厳しくなる一方だ。

明るい見通しなんてほとんど無い。

だけど僕たちは諦めずに何度でもオイルフェンスを越えていく。

何故なら僕は、オイルフェンスの向こう側にいる海保や作業員に人の心が残っていることを信じている。

抗い続けることで、世界中の人々の心を動かす事が必ずできると信じている。

僕はまだ人間を諦めてはいない。

 

f:id:yamasa-kick:20171214004459j:image

(シュワブの浜では米軍の水陸両用車が我が物顔で演習を続けている)