夢をあきらめずに

沖縄暮らしの記録

If we want it

辺野古 11/9

 

辺野古イノーでK1とN5という二つの護岸工事が始まって四日目。

既に護岸は沖へ向けて十数メートルは突き出している。

f:id:yamasa-kick:20171109225319j:image

f:id:yamasa-kick:20171109225427j:image

f:id:yamasa-kick:20171109225502j:image

(以上、3枚 ドクロ前K1護岸工事)

 

 f:id:yamasa-kick:20171109225707j:image

f:id:yamasa-kick:20171109225737j:image

f:id:yamasa-kick:20171109225800j:image

f:id:yamasa-kick:20171109225858j:image

 f:id:yamasa-kick:20171109225931j:image

f:id:yamasa-kick:20171109230044j:image

f:id:yamasa-kick:20171109230310j:image

f:id:yamasa-kick:20171109230434j:image

 (以上、8枚 シアター前 N5中仕切り護岸工事)

 

今日は何度フロートを越えてトライしただろう。

二回目は10:15頃に9プラス1艇のカヌーが次々とN5中仕切り護岸を目指し、何人かは護岸に肉薄した。

そして、クレーンの動きが止まった。

一分、二分、…五分、…十分、十五分。

11時近くになって、作業員は作業を諦めて現場から引き上げていった。

作業が再開されたのは、お昼休みを終える13時近くになってから。

昼休憩の時間を除いても、一時間半以上は作業を遅らせられたことになる。

 

午後はこちらの動きに合わせて警備の仕方を変えてきたので、作業を止めることは出来なかったが、また明日から、新しいやり方でトライしていけばいい。

続けていけばチャンスは必ずまた巡ってくる。

 

f:id:yamasa-kick:20171109230854j:image

 

美ら海を殺す捨て石の山を彼らがイノーに築くなら

ぼくらはそれを止める一分一秒を積み重ねよう

それはきっと

楽園の命を永らえさせる一秒

戦への道を遠ざける一秒

明日のティダを隠す暗雲を吹き流す一秒

となる

出来るんだよ

ぼくらがその気になれば