夢をあきらめずに

沖縄暮らしの記録

辺野古へ行こう

辺野古 8/21, 8/23, 8/26

 

コースが少し南だったが先週末に接近し通過した台風の影響を受けて、週明けの21日から三日間は海上行動は強風で中止となった。

海の工事についてもほぼ止まっていたようだ。

 

21,23日はゲート前での座り込みに参加。

沖縄県警機動隊は資材搬入の車両をゲートから出入りさせるために、ゲート前に座り込んで間違った国策に抗う市民をただただ排除するためのマシーンになったかのようだ。

f:id:yamasa-kick:20170827173221j:image

f:id:yamasa-kick:20170827173319j:image 

彼らに道理は通用しない。

目の前のダンプの通り道を空けることだけを考えている。

f:id:yamasa-kick:20170827173351j:image

 f:id:yamasa-kick:20170827173405j:image

f:id:yamasa-kick:20170827173520j:image

f:id:yamasa-kick:20170827173709j:image

そのために市民の「表現の自由」、「行動の自由」といった憲法に書かれた人権を平然と組織的に侵害している。

「警告3回目で逮捕」など法的に全く根拠のない身勝手なルールを決めて、恫喝する。

道路交通法違反や公務執行妨害といった罪を捏造し、市民を度々不当に逮捕するが、そこには犯罪となる事実が存在しないので、勾留請求さえ出来ない。

みんな一泊二日で釈放されるが、「逮捕」されるということ自体が市民生活にとって深刻な実害を伴う制裁にあたることを思えば、この逮捕権の濫用は見過ごすことは出来ない。

そもそも、昨年に高江で座り込んだ市民の身体を虎ロープで嬉々として縛りあげ、荷物のように谷底から引き上げさせた、人権感覚のカケラも無い人物がいまだに現場に出て市民の恫喝を続けていることが尋常ではないのだ。

f:id:yamasa-kick:20170827173759j:image

彼には即座に現場から退き、人権についての教育を一から受け直してもらいたい。

 

人を人とも思わない排除によってケガ人も続出している。

救急車が呼ばれることもしばしばだ。

 

自ら思考することを止め、命令されるがままに行動するマシーンと化した彼らには自分たちでこの暴挙を止めることは容易ではないのだろう。

「命令されるがままに行動する」のは自らの身を奴隷に陥れる行為であり、その最たるものが人命を奪うことを使命とする兵士だということに、彼らは気づいているのだろうか?

そこには程度の違いがあるだけだ。

一体どこまでやるのだ?

自分を殺して、自分を誤魔化し、掲げられたデタラメの正義に乗っかって、どこまでやるのだ?

ストップをかけるのは自分しかいない。

 

県民同士が対峙させられたこの不幸な状況を打破するのは、ゲート前に人を集めるしかない。

怪我をするかもしれない、逮捕されるかもしれない、そういう怖い場所だというイメージが広がれば人は減っていくばかりだが、人が減っていくことがその状況を作り出している。

無理に機動隊の前に座らなくても、ゲート前にただ見ているだけの市民が200〜300人集まれば、機動隊は手出しが出来ず搬入を諦めるしかない。

この人数は決して途方も無い数字ではない。あと数十人いれば機動隊によるごぼう抜きはされなかったということは少なくない。

実際に人が集まったために搬入が行われなかったことも何度も起こっている。

ダンプを止めるのではなく、ダンプを寄せ付けないためにゲート前に多くの人に来て欲しい。

 決死の覚悟も、機動隊に負けない体力も要らない。

ただ権力の横暴に異を唱える気持ちを表すために多くの人が集まれば、それは止まる。

思いを行動に変えれば、世界は変えられる。

f:id:yamasa-kick:20170827174930j:image

 

26日は海へ。 

f:id:yamasa-kick:20170827133544j:image

 台風の影響によって、一週間近くの作業の遅れが出たのではないだろうか。

 

台風に備えてのフロートやネットの撤去。

実際の悪天候による作業中止。

台風対策から元の状態に戻す作業。

これらを台風が来るたびに繰り返さなければならない。

直撃を免れた台風でさえ影響を受ける。

沖縄島を通過するようなことになれば前後で数週間の作業中断を余儀なくされる。

自然を甘く見てはいけない。

 

赤白鉄塔の前に作って数十メートルで袋小路にしてしまった無駄な仮設道路は側面の根固め用袋材が砂に埋もれ始めていた。

 

f:id:yamasa-kick:20170827134420j:image

上の写真が7/31で、下の写真が台風後8/26の撮影だ。

 

f:id:yamasa-kick:20170827134438j:image

こうなることは目に見えているのに、台風シーズンを前にして、急ぐ必要の全く無い不要な袋小路を作った愚かさが浮き彫りになってきた。

 

f:id:yamasa-kick:20170827180820j:image

f:id:yamasa-kick:20170827180846j:image

(以上の2枚はシアター前写真)

 

f:id:yamasa-kick:20170827180759j:image

f:id:yamasa-kick:20170827180945j:image

f:id:yamasa-kick:20170827181131j:image

f:id:yamasa-kick:20170827181153j:image

(以上の4枚はドクロ前写真)