夢をあきらめずに

沖縄暮らしの記録

アベ社長とオキボウ君

辺野古 7/12

 

松田ぬ浜をカヌー出てすぐのシュワブ浜に怪しい人影が。

どうやら沖縄防衛局のようだ。

 

f:id:yamasa-kick:20170712223900j:image

仲間の一人が状況を確認するため、すぐに近寄っていった。

 

 f:id:yamasa-kick:20170712223919j:image

他のカヌーも後に続く。

ここは埋め立て予定地の一番西にあたるK1護岸が海へと伸びるスタート地点と思われる場所に非常に近い。

 

f:id:yamasa-kick:20170712223956j:image

f:id:yamasa-kick:20170712224031j:image

すぐ隣では国歌の流れるなか、米兵が壁に描かれた不気味なドクロのマークに敬礼をしている。浜にはやはり何かの作業をする準備として杭が打たれたりしているようだ。

午前中いっぱいこの場所に数名が残り監視を続けた。

今日は具体的な工事は行われなかったようだが、今後も注意が必要だ。

この浜の前の海面でいくつも赤い小さなブイが浮いているのも確認された。もしかしたら、陸上での工事に合わせて設置されるフロート等の準備なのかもしれない。

 

f:id:yamasa-kick:20170712223834j:image

仮設道路の現場は9時過ぎまでも作業が行われなかった。

上面の土砂はキレイに固められているが、台風が来たらひとたまりもない。

僕は近いうちに舗装してしまうのではないかと思っている。台風対策とすればそれが一番有効だからだ。

 

f:id:yamasa-kick:20170712224119j:image

ようやく作業がはじまったが、検査のようだ。

作業員が持った黒板には「現場密度試験」と書かれているように見える。

 

f:id:yamasa-kick:20170712224135j:image

そうこうする間に雨雲が近くなってきた。雷注意報も発令されたとのこと。

カヌーチームは急いでテントへ退避し、天候の回復を待ちながら今後使うロープの準備などの作業を行った。

結局そのまま、今日の海上行動は打ち切りとなった。

 

f:id:yamasa-kick:20170712224317j:image 

テントのアイドル犬 ライ。

 

 

ここでひとつ、たとえ話を。

沖縄で働くオキボウ君はある日突然、東京本社のアベ社長に呼び出された。

本社への出張は来週の予定で、着ていくつもりのスーツは日曜までクリーニングから戻ってこない。生憎スーツを一着しかない持たないオキボウ君はアベ社長に相談を持ちかけたが、「つべこべ言わずにとにかく来い」と言われた。

仕方がないので、オキボウ君は普段着にしているジャージ姿で本社へ向かって飛行機に飛び乗った。

とにかく来いと言われて半日以上かかって本社まで来るには来たオキボウ君だが、さすがにジャージ姿では仕事にならない。そのまま机の前で週末が来るまで無為に過ごすしかなかった。

とうとう土曜日がやってきて、オキボウ君は半日以上かけて本社から自宅まで戻った。オキボウ君は日曜の朝一番にクリーニング店からスーツを受け取って、すぐその足で再び本社へと向かう飛行機に飛び乗った。

 

まさかここまでバカバカしいことは現実にそうそう起きないとお思いだろう。

しかし、常識を覆し続けてきたアベ政権では、こんなような事が実際に起こり、その無駄なツケは全て私たちの納めた税金で賄われている。誰も責任を問われることもない。

そんなバカなと思う方は、北上田さんのブログ『チョイさんの沖縄日記』「辺野古K9護岸工事の大変な手戻り」をご覧頂きたい。

http://blog.goo.ne.jp/chuy/e/cbf8ba9a4baecc933d9919c1ac5f1040