夢をあきらめずに

沖縄暮らしの記録

カヌーで海へ

今日は兵庫から5名の方がカヌーに参加して下さった。
地元でカヌーの基本操作を自主トレして来られたとのことで、皆さんやる気が溢れていました。
元々シーカヤックの経験が有る方お一人は海上行動へ参加されました。他の4名の方は別メニューで長い距離を漕ぐ練習をされたそうなので、大浦湾デビューも目前でしょう。

カヌーはある程度の体力が有れば多くの方がマスター出来る乗り物です。力任せに漕ぐだけではカヌーは前に進みませんが、効率のいいフォームが身につけば小柄な女性でもスイスイ進みます。色んな風や波を漕ぐことで上達するので、身体が漕ぎ方を覚えるまでの練習が肝心です。

二人一組のバディを組んで互いの動きに目を配り合います。また、サポートの動力船も一緒に、ひとつのチームとして行動し仲間を助け合います。
始めるまでは不安が大きいと思いますが、思い切って是非チャレンジして下さい。
海の素晴らしさを身体で感じられる魅力的な乗り物ですよ!

 

f:id:yamasa-kick:20170625090449j:plain

 

シアターでは今日も屋上に作業員の姿が見られた。

 

f:id:yamasa-kick:20170625090605j:plain

 

辺野古崎から長島の方へ2重、3重になったフロートはまだ撤去される様子はない。この場所以外にも大量のフロートが大浦湾に残されている。

 

f:id:yamasa-kick:20170625090651j:plain

 

辺野古崎を回って大浦湾に入ると海の色が濃紺に変わる。水深が一気に深くなるから。そこに巨大な強襲揚陸艦が入港できる軍港を作ろうとしている。
普天間基地の移設と言いますが、普天間に軍港は有りませんよ!