夢をあきらめずに

沖縄暮らしの記録

写真展【大浦湾の生きものたち】

名護博物館ギャラリーで開催中のダイビングチームすなっくスナフキンによる写真展【大浦湾の生きものたち】に行ってきた。 たくさんの写真にはひとつひとつ手書きで説明が添えられている。 手作りの感じにとても好感を持てた。 テーブルいっぱいに並べられた…

小さな願い

昨日は奥武山陸上競技場の県民大会に参加した。 翁長知事は埋め立て承認の撤回について「政府が工事を強硬に推し進める状況は必ず撤回につながる。私の責任で決断をする。辺野古に新基地は造ることは絶対にできないと確信している」と発言した。 今回の県民…

終わりの始まり

日常の生活パターンを少し変えたので、なかなかブログの更新をする余裕が無い。 毎日ではないがカヌーには乗っている。書きたい事もあるのだが、時間が見つからない。 辺野古では先週末の台風を挟んで、主に台風対策と、それを元に戻す作業がのらりくらりと…

音楽を一緒に♪ 〜The Beatles「I Will」

次々と耳に入ってくる悪い知らせに「本当にひどいね」と言い合っている この頃 穏やかな日常を過ごしたい誰もがそう願っている今だけそうあればいいのなら目の前の幸せだけ追っていればいいでもそれは仮初めの平穏に過ぎない 次の世代にも手渡せる本当の平穏…

音楽を一緒に♪ 〜小野リサ「You Are The Sunshine Of My Life」

7/25の大きな行動を終えて、ホッとした感や疲労感も有りながら、余韻に浸る暇もあまりなく、新しいチャレンジが始まったり、開いた扉があったり。 またリズムを少し変えてやっていこう。 いずれにせよ、歩みを止めなければ、僕らは出口に近づいていく。 ティ…

楽園は何処にあるのか?

辺野古 7/28 カヌー9艇は2班に別れ、うちの班は赤いドクロ前の監視へ。 オイルフェンス周りには漂着したゴミが溜まっている。 浜にはたくさんの人が。 どうも米兵がビーチのゴミ拾いをしているようだった。 ゴミが流れ着くのはウミガメが産卵する浜だ。 カ…

We can do it ,if we want.

辺野古 7/25 大浦湾にカヌー100艇を集めて、非暴力で平和的に工事を止める。 これはカヌーチームの活動初期からの夢。 海での作業を目の前にしながら、悔しい思いを積み重ねる日々が続いていたある日、実質的な埋め立て工事がK9護岸で始まって3ヶ月の7/25に…

ジュゴンの身になって

辺野古 7/22 赤いドクロ前の海の中はジュゴンの餌となるアマモが茂る藻場 陸上で言えば牧草地のようだ ジュゴンの身になって 藻場を泳いでみた ジュゴンの身になって 藻場を泳いでみる そこに設置された大型オイルフェンスのチェーンは 海底をゴリゴリ擦って…

カヌーメンバーの不屈

辺野古 7/21 25日の海上座り込みに向けて人が集まり始め、毎日カヌーに乗る人も増えてきている。 17日から毎日行っている臨時カヌー教室も、全くの初心者の方や、25日に向けてスキルアップを目指す仲間の参加で盛況だ。 抗議活動に出ずに、連日教室のインス…

何でも有りの世界

辺野古 7/20 昨日に続いて、赤ドクロ前の道路から浜への砕石投下が行われた。 午前と午後の2回で、合計するとダンプ20台程の砕石だ。 (赤ドクロの左上には視察に来た数名が。米軍らしき人影も見える) 赤ドクロ横の砕石投下 お昼前には辺野古崎のテトラポッ…

海亀が産卵する浜の破壊

辺野古 7/19 通常は作業が行われない日曜日(16日)に、人目を盗んで防衛局は赤ドクロ前に大型オイルフェンスやフロートなどを設置した。 そして、ドクロ前の道路からK1護岸建設地である浜へと続く取付け道路を作る為に浜への砕石の投入を遂に開始した。 こ…

どうやったら止められるだろう?

7/15付の【人民新聞】にコラムを掲載して頂きました。 「どうやったら止められるだろう?」と問い続けている 【沖縄・辺野古】新基地建設阻止! http://jimmin.com/2017/07/17/post-3690/ 【人民新聞】ネットから申し込みすれば全国どこでも郵送してくれるよ…

音楽を一緒に♪ 〜Tuck & Patti「Dream」

今宵はこんな感じで♪ Tuck & Patti ♪Dream Dream - Tuck & Patti If you can see itThen you start to feel itThe next thing you know, you believeAnd that's when dreams begin to come true

無関心の壁

お昼に神戸空港に着き、その足で三ノ宮マルイ前へ。 【辺野古の海に基地をつくらせない神戸行動】に参加し、続けて大阪駅前での【辺野古に基地を絶対つくらせない大阪行動】に。 仲間が笑顔で迎えてくれる。 沖縄とそう変わらない暑さ。 久しぶりに都会の“無…

久しぶりの大浦湾

辺野古 7/14 赤ドクロの辺りは作業員がこちらの様子を見ている。カヌーが居なくなったら、何か作業をやりそうな気配。隣の生コンプラントも完成したとの報道が有り、車の出入りなども目撃され、稼働に向けた準備が始まっているようだ。 昼には大型のオイルフ…

音楽を一緒に♪ 〜Bob Marley「Trenchtown Rock」

youtu.be Bob Marley ♪Trenchtown Rock One good thing about music, when it hits you feel no pain So hit me with music, hit me with musicHit me with music, hit me with music now さぁ今宵ミュージックでオレをガツンと打ちのめしてくれ♪

仮設道路が道路じゃなくなった日

辺野古 7/13 捨て石を積み上げて赤白鉄塔の前に作った、仮設道路と呼ばれてきたものは実は道路でさえなかったことが今日分かった。 いっそのこと、赤白鉄塔展望台専用駐車場と名付けた方がしっくりくる。 結局、彼らは道路を作るつもりは無かったし、急いで…

アベ社長とオキボウ君

辺野古 7/12 松田ぬ浜をカヌー出てすぐのシュワブ浜に怪しい人影が。 どうやら沖縄防衛局のようだ。 仲間の一人が状況を確認するため、すぐに近寄っていった。 他のカヌーも後に続く。 ここは埋め立て予定地の一番西にあたるK1護岸が海へと伸びるスタート地…

悩ましい三角ゾーン

辺野古 7/10 結局、防衛局はK1護岸工事に必要な仮設道路建設現場で作った捨て石を積んだスロープを完全に根固め袋材で覆ってしまった。 これでは捨て石を投下して仮設道路を、伸ばしていくことは不可能となる。 台風対策という見方もある。 ただ、値固め袋材…

カチンときた

辺野古 7/8 何がやりたいのか分からない。 前日は夕方の4時半まで粘って赤白鉄塔前の仮設道路工事の監視を続け、クレーンを畳んだのを見届けてからカヌーとぶるーの船は現場を去った。 それなのに、今日来てみるとその後に作業が行われたようで、捨て石のス…

アメリカが飛ぶ

辺野古 7/7 朝陽が水面で煌めいている海へ 仲間と漕ぎだしていく 行った先では人間のエゴイズムが 具現化されている あそこに積み上げられ踏みつけられる石粒は 子どもたち一人ひとりの未来に違いない 誰かが言った この道は戦争へと続いていると 仮設道路建…

不器用なので…

昨日、今日とカヌーに乗っているのだが、家に戻ったら疲れて少し眠ってしまったり、引き受けてしまった事のタイムリミットが迫っていたりで、海上行動についてブログに書く時間がない。いや、仕事量としては大したものではないのだが、あれこれ考えたりして…

引く時は引く

辺野古 7/6 松田ぬ浜からカヌーを出すと、フェンスひとつ隔てたシュワブの浜では水陸両車数台が間も無く訓練を開始しようとしていた。そこだけ切り取って見ればそれはどう見ても戦場の風景だ。戦場と市民の生活の場が隣接する、これが観光ガイドブックには載…

無駄を喰いものにする者たち

辺野古 7/5 嬉しい出来事がひとつ。『辺野古へカヌーを贈る会』の皆さんがカンパを集めて新しい軽トラックを寄贈してくれた。 今度の車ジーマーミ3号はオートマ仕様なので、多くのメンバーが運転出来る。 感謝しながら、大事に使わせていただきます。 カヌー…

ひとつひとつ ひとりひとり

辺野古 7/3 突如発生した台風3号の影響で海上行動は中止。 こんな日は日頃手の届かない作業を手分けしてやる。 梅雨の長雨が海へ川のように流れ込んだことによって、辺野古側からカヌーを出す時の出発点である松田ぬ浜が大きくえぐれてしまい、カヌーを積ん…

新しいチャンネル

伊江島 7/1、7/2 一泊二日で援農へ。 とは言っても、僕のやったのはほとんど草刈りだけど。 灼熱の太陽の下で土をいじり、雑草と格闘する。 都会育ちの僕には土いじりすること自体がとても新鮮だ。 無心になって手を動かしていると、今まで僕の中で閉じてい…

音楽を一緒に♪〜ハナレグミ「一日の終わりに」

一日の終わりに ハナレグミ ♪一日の終わりに 今宵はこんな感じで更けていく

叡智と性

辺野古 6/29 この国のどこに主権があるというのだ? アメリカに国土を“提供”しているのが本当なら “提供”する側の民に合意が無いのは何故だ? “提供”された側のアメリカが 私たちの目の前まで出てきて 軍警を使って基地建設に抗う者たちを捕らえようとする …

ジュゴンの生きる海で

辺野古 6/27 昨日の夕方からK9護岸とは別に、新たに辺野古側で沖縄防衛局が護岸工事を始めたというニュースは朝のミーティングでも取り沙汰されていた。 辺野古漁港に一番近い埋め立て部はK1護岸と呼ばれ、216メートルの長さの捨て石の山をシュワブの浜から…

セメントとゴボウ

辺野古 6/26 雷注意報が出て雨雲も近づいているとの情報があり、ひとまずはカヌーを出さずに船で監視活動。 辺野古崎付近の袋詰め材を作っている場所の近くでは、緑の斜面が削り取られ赤土が見える。仮設道路を作る準備か、作業ヤードの拡張か、ここも定期的…