夢をあきらめずに

沖縄暮らしの記録

メッセージ

辺野古 11/24

 

海保のゴムボートに何回も乗せられたので、海保の皆さんへしっかり メッセージを伝えたよ。

 

f:id:yamasa-kick:20171201125418j:image

f:id:yamasa-kick:20171201125549j:image

 

君へ

f:id:yamasa-kick:20171123002004j:plain

 

手を伸ばしても 届かない
見えない場所に 隠されて
鉄の格子や 高いフェンスで
どんなに 別け隔てられても

国境や 階級や 貧富や 思想や
様々な壁で 分けられて
互いの胸の内を 言葉で
分かりあうことが できなくても

季節が過ぎ 歳月が重なり
命が尽き 身体は朽ち果て
同じ時間を 生きられなくて
巡り会うことが 決してなくても

ぼくらは 同じティダを見ている
自然に寄り添い 歩いていけば 約束の場所に出られる
同じように 笑い 同じように 泣いて
同じように 唄ったり 踊ったり 抱きあったりするのだから
君の気持ちになってみることができる

だから大丈夫
何も怖がることはない
いつでも 君の声が聞こえる 顔が見える
ずっと側にいる
何者もぼくらを 引き離すことはできないんだ

 


ヤンバルの森 蝶の集まるところ

WILL YOU STILL LOVE ME TOMORROW

辺野古 11/13

 


ドクロ前K1護岸工事 捨て石投下 2017 11/13

 

f:id:yamasa-kick:20171115014338j:image

f:id:yamasa-kick:20171115014820j:image

f:id:yamasa-kick:20171115014843j:image

f:id:yamasa-kick:20171115014950j:image

f:id:yamasa-kick:20171115015034j:image 

f:id:yamasa-kick:20171115014738j:image

 

明日のことなんか分からない
永遠なんて見たこともない
だから今を生きるんだ
運命に屈せず 今できることを続けていくんだ


薄汚い策略はもう見飽きた
どんなに現状が酷いと嘆いてみても
ほとんど何も変わりはしなかった
やっぱり僕らでやるしかない
行動を積み重ねて 積み重ねて
築いた山は
僕らが何に抗い
何を愛して生きたのか
それを示す証になる

たった数艇のカヌーで何ができるのか

たった一分止めて何の意味があるのか

その答えは全てそこにある

 

 


Carole King & James Taylor - WILL YOU STILL LOVE ME TOMORROW (Live)

If we want it

辺野古 11/9

 

辺野古イノーでK1とN5という二つの護岸工事が始まって四日目。

既に護岸は沖へ向けて十数メートルは突き出している。

f:id:yamasa-kick:20171109225319j:image

f:id:yamasa-kick:20171109225427j:image

f:id:yamasa-kick:20171109225502j:image

(以上、3枚 ドクロ前K1護岸工事)

 

 f:id:yamasa-kick:20171109225707j:image

f:id:yamasa-kick:20171109225737j:image

f:id:yamasa-kick:20171109225800j:image

f:id:yamasa-kick:20171109225858j:image

 f:id:yamasa-kick:20171109225931j:image

f:id:yamasa-kick:20171109230044j:image

f:id:yamasa-kick:20171109230310j:image

f:id:yamasa-kick:20171109230434j:image

 (以上、8枚 シアター前 N5中仕切り護岸工事)

 

今日は何度フロートを越えてトライしただろう。

二回目は10:15頃に9プラス1艇のカヌーが次々とN5中仕切り護岸を目指し、何人かは護岸に肉薄した。

そして、クレーンの動きが止まった。

一分、二分、…五分、…十分、十五分。

11時近くになって、作業員は作業を諦めて現場から引き上げていった。

作業が再開されたのは、お昼休みを終える13時近くになってから。

昼休憩の時間を除いても、一時間半以上は作業を遅らせられたことになる。

 

午後はこちらの動きに合わせて警備の仕方を変えてきたので、作業を止めることは出来なかったが、また明日から、新しいやり方でトライしていけばいい。

続けていけばチャンスは必ずまた巡ってくる。

 

f:id:yamasa-kick:20171109230854j:image

 

美ら海を殺す捨て石の山を彼らがイノーに築くなら

ぼくらはそれを止める一分一秒を積み重ねよう

それはきっと

楽園の命を永らえさせる一秒

戦への道を遠ざける一秒

明日のティダを隠す暗雲を吹き流す一秒

となる

出来るんだよ

ぼくらがその気になれば

 

 

二つの台風の狭間で 〜10.25海上座り込み〜

f:id:yamasa-kick:20171028084405j:image

台風22号が吹き荒れている。
今日の昼間には沖縄島を直撃するコースで通過する予想だ。
今はまだ暴風域には入ってないが、かなりの風だ。
僕にとっては沖縄で初めての直撃台風体験となる。
今日は一日家にこもって、25日の海上行動を振り返りながら、台風をじっくり見てみようと思う。

 

f:id:yamasa-kick:20171028084505j:image

辺野古・大浦湾をカヌー&船で埋めつくそう‼︎ 新基地建設許さない10.25海上座り込み』は、幸運にも先週末の台風21号と現在通過中の台風22号のちょうど狭間に入ったおかげで、無事に開催することが出来た。
当日は強風波浪注意報が出ており、カヌーと船を海へ出すかどうかの判断はギリギリの決断だった。
その状況の中で、海上行動チームが海へ出ることで基地建設作業を平和的に止めるという、この海上座り込みの目的の一つが達成出来たことの意味は大きい。
この日ゲート前では機動隊が座り込む人々を強制排除し、多数のダンプや生コン車をゲート通過させている。
海上行動が行われなければ、建設作業が行われる可能性は十分にあったのだから。

f:id:yamasa-kick:20171028084800j:image

(カヌー78艇、船8隻、ウインドサーフィン1隻 

 合計151人が参加しての海上行動となった)

 

f:id:yamasa-kick:20171028085504j:image

f:id:yamasa-kick:20171028085604j:image

 f:id:yamasa-kick:20171028085756j:image

f:id:yamasa-kick:20171028085657j:image

f:id:yamasa-kick:20171028085919j:image

f:id:yamasa-kick:20171028085939j:image

 


10.25海上座り込みをぐるっと一周

 

かと言って、今回の行動が満点だったわけではない。
前回、7/25の海上座り込みでの反省点を改善し、ステップアップは出来たと思うが、また別の問題点を指摘する声も聞こえてきている。
僕自身も、日頃カヌーで海に出ているメンバーと、普段はなかなか行動に参加することが難しいメンバーや最近カヌー教室を終えたばかりの新しいメンバーとの交流が少なかったことに物足りなさを感じている。
海上座り込みのもう一つの大きな目的である、毎日の行動に参加してくれる仲間を増やすための課題として、どうすればまたひとつステップを上がれるか仲間と話し合っていきたい。

 

とにもかくにも、今回も準備段階から最後の片付けや行動リポートのまとめまで、本当にたくさんの仲間が自主的に知恵と力を貸してくれました。
また、全国から様々なかたちで頂いたご支援にも助けられ、励まされました。
心より深く感謝いたします。
台風が過ぎれば、また日々の行動が再開されます。
国は辺野古側での護岸工事を強行に進めていくことでしょう。
船団とカヌーの海上行動に、一人でも多くの仲間の参加をお願いします。

 

窓の外は先ほどより雨風がさらに激しくなってきたようだ。
大きな被害がでないことを祈るばかりだ。
とりわけ、大浦湾に大量に放置されたままのフロートが気がかりだ。
金属製の支柱や板が取り付けられたあの大玉フロートが切れて流されたら、大きな事故を招くことになりかねない。

 

f:id:yamasa-kick:20171028090750j:image

(午後に松田ぬ浜で行われた海と陸の連帯集会には300名近くの人が集まった。カヌーメンバー2人と船長1人からのスピーチは、それぞれの思いがストレートに心に伝わるような内容で、とても良かった)

f:id:yamasa-kick:20171028091230j:image

f:id:yamasa-kick:20171028091258j:image

f:id:yamasa-kick:20171028091323j:image

 


10.25海と陸の連帯集会@松田ぬ浜 開会前

 

f:id:yamasa-kick:20171028091417j:image

(京都の歌姫 川口真由美さんは、船の上でも、陸でも、丸々一日歌い続けて仲間を励まし盛り上げてくれた。いつもいつもありがとう)

 

f:id:yamasa-kick:20171028092159j:image

f:id:yamasa-kick:20171028092230j:image

 f:id:yamasa-kick:20171028092301j:image

f:id:yamasa-kick:20171028092340j:image

(ペイント中だったジーマーミー2号はこんな感じになった!素晴らしい!作者曰く、「まだ完成してない」そうなので、次に沖縄へ来た時に続きを描きあげてもらいたい。ダイズちゃん ありがとう!)